2007年03月05日

カプセル怪獣ウインダム



 「ウルトラセブン」に登場するカプセル怪獣は、「ウルトラセブン」が基本的にセブンと宇宙人(異星人)との戦いなので怪獣が登場しないため、“さびしい”と脚本家金城哲夫さんの発案で登場することになったとか。そして、第1話「姿なき挑戦者」でいきなりその姿を見せたのがウインダム。
 ウインダムは形状と動きからロボットのように見えるが設定上は生物(怪獣)だそうだ。「姿なき挑戦者」では不時着したウルトラホーク1号でいち早く目を覚ましたダンがクール星人の円盤を攻撃するのに登場させた。大型円盤から飛び立った小型円盤に頭部を攻撃されて敢えなく戻される。次の登場は第24話「北へ帰れ!」。カナン星人の灯台型宇宙船に対して攻撃を仕掛けるが、これまた頭部を光線でやれれる。ものの本によると「電子頭脳が狂わされた」ということだが、これじゃやっぱりロボットかと思われても仕方ない。狂ったウインダムはダンに向かってくる。変身したセブンと追いかけっこをした後、セブンの光線で正常に戻り、セブンの指示でカナン星人の宇宙船に向かって行く。ところが再び頭部をやられて撃沈。三度目の登場は第39話「セブン暗殺計画(前編)」で不審に思ったダンが変身せずにウィンダムを繰り出す。しかしガッツ星人の前には為す術もなく攻撃されて、ダンがカプセルに戻す間もなく、炎の中に消滅する。テレビシリーズではこれが最後で映像を見る限りウインダムは死滅したものと思われる。しかし、平成ウルトラセブン「1999最終章」の第3話「果実が熟す日」にて復活する。カザモリ隊員の姿を借りたダンはレモジョ星系人の罠にはまって崖から落とされそうになる。その時ウインダムを登場させ見事32年ぶりに復活を遂げる。この時のウインダムはなかなかカッコイイ。頭部から光線を出してレモジョ星系人を撃退する。もっともレモジョ星系人は人間の姿をしており巨大化しないので身長40メートル体重2万3千トンのウィンダムには軽い仕事だったと思われるが。更に「1999最終章」第6話「わたしは地球人」にも登場。オーパーツの元へ急ぐセブンはノンマルトの守護神怪獣ザバンギに対してウインダムとミクラスを向かわせる。地球防衛軍基地へ迫るザバンギはウインダム、ミクラス共に撃破して、せっか32年ぶりに復活したウインダムも再び機能停止する。
 平成ウルトラセブンでは勇姿を見せてくれたがカプセル怪獣は概ね弱いですね。それでも3体のカプセル怪獣の中では僕はウインダムが一番好きです。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。
posted by KAZU at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン