2006年07月24日

「SOS富士山」

 身近で富士山の樹海のことが話題にのぼった。富士山は遠景としては何度も見ているのだが残念ながら、近くに行ったこともないし、勿論登ったこともない。その富士山の樹海を舞台にした「ウルトラQ」のエピソードが第7話「SOS富士山」。バラバラに砕けた岩が合体して岩石怪獣ゴルゴスになるシーンは印象深いのだが、余り話題にのぼらないエピソードだ。
 父親と富士山に遊びに来た4歳の息子タケルは虫を追いかけている内に樹海に入り込んでしまい行方不明になる。そして15年後、タケルの姉・光子は樹海に住む一人の自然児の噂を聞き、その姿・年齢からタケルではないかと樹海近くのホテルに勤めることにする。
 一方富士火山研究所では富士山の地熱の温度が異常に高まりをキャッチする。研究所の早川技師は富士山の噴火の前兆ではないかと考える。富士山噴火説を取材する由利子は光子のもとを訪ねるのだった。
 富士裾野の吉野部落にある池の温度が異常に上昇し、ついに爆発して巨大な岩石が飛び出し道路をふさいでしまう。交通の妨げになるということで岩石はダイナマイトで爆破されて破片は樹海に捨てられる。ところがその夜、不気味な音を立てた岩の破片は一つの岩に吸いよせられるように集まって行きやがて巨大な岩石の怪獣ゴルゴスになる。一部始終を見ていたタケルはゴルゴス戦いを挑むが全く歯が立たない。富士山が噴火すれば樹海が溶岩の海になるのでタケルを避難させようと光子や万城目、巡査たちが樹海に入りタケルを救う。しかしゴルゴスに追いつめられて洞窟に閉じ込められてしまった。タケルは巡査から拳銃を借り、ゴルゴスに再び戦いを挑む。ゴルゴスにしがみついたタケルは背中に脈動する丸い岩石を発見、とうとうその岩石を引き抜く。するとゴルゴスは動きと止めて元の岩へ戻ってしまう。タケルは拳銃で丸い岩を撃ち抜き粉砕する。爆弾マークの中から飛び出したのは光子と暮らすことになったタケルがスーツ姿で闊歩するシーンでした。
 見どころは何と言っても月明かりの下、岩石が生きている如く集まっていき岩石怪獣になるシーン。特撮が見事でした。それからゴルゴスの背中で脈動する岩をしがみついたタケルが引き抜こうと懸命によじ登るところでしょうか。ごつごつとしたただの岩の如き怪獣だが頭部はなかなか素晴らしい形をしています。樹海のなかで後脚で立ちあがるシーンがあるのだが、あれは少々不細工でした。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。
posted by KAZU at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2006年07月23日

「アニメ大好きっ!」

 今週のトラックバックカフェのテーマは「アニメ大好きっ!」。ここはアニメの記事を専門にアップしているので、毎日が「アニメ大好きっ!」をテーマにした記事であふれかえっているわけで、いくらWasabiマスターが「リサイクルトラックバックも大歓迎」とおっしゃっても、さすがに控えておかねばなりませんね。

 さて、僕のアニメ原点のとなった究極の作品は2作。
 第一の原点ということになると「警視庁捜査一課の刑事は全部で49人、7人ずつ7つの班を作っている。私はそのどれにも属さない8番目の刑事エイトマンである」、このナレーションで始まる「エイトマン」。東八郎探偵の姿をしている時、谷博士や田中捜査課長と話している時は別として、非常にエイトマンの独語の多い作品。たった一人で戦うというイメージが強い。そういう所に強く引かれた。後に一世を風靡したSF作家陣の脚本に支えられた作品はモノクロの荒いアニメーションであっても、今なお通用する内容だ。
 もうひとつはディズニーのファンタジーミュージックアニメーション作品「ファンタジア」。何と言ってもきのこのダンスです。テレビで予告編を見て、是非とせがんで連れて行ってもらった。今もってあれだけきれいな色と細かい動き、感動する音楽とのハーモニーはない、と言ってもよいくらい。
 アニメは映像だけでできているわけではありません。ストーリーと音楽、声優さんの演技などなど様々な要素からできています。それが一体となって作品を形作っているわけです。「エイトマン」は見事にそれを証明していると思います。しかし反面ストーリーも台詞もなくても映像だけが感動を呼び起こせる世界でもあるわけです。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。
posted by KAZU at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

「禁断の惑星」(3)


イドの怪物

 昨日レンタルショップで「禁断の惑星」を発見。早速借りてきて見る。たった一度しか見ていなかったがほぼ記憶は確か。しかし、以前テレビで見た時と明らかに違っている台詞もあった。英語と日本語字幕が明らかにことなる部分は原語を正とした。英語では“世紀 century”前という言葉をよく使うが、日本語では馴染みが薄いので×100で“〜年”前となっていた。これは「スタートレック」などでも見られる。最後の場面で自爆装置を始動させた博士が「24時間以内にこの星から〜キロ離れろ」と指示しているが、この時の単位もキロではなくて光年だったような記憶があるのだが…。
 前記事で一部間違っていたところを修正したので、興味ある方はご覧ください。
「禁断の惑星」(1)
「禁断の惑星」(2)


アルタとロビー


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。
posted by KAZU at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2006年07月22日

「恋☆カナ」



 久しぶりに衝動買いです。アニメ主題歌コレクターとしては、そのターゲットはシングルCDなので時期を外すと入手困難というものも結構あります。今回買ったのは「きらりん☆レボリューション」のオープニング「恋☆カナ」。歌っているのは主人公月島きらりの声を演じるモーニング娘の久住小春ちゃん。
 モーニング娘は海外から日本に帰国した時に初めて知って、非常に感動、初期の頃のCDを3枚ほど持っています。個人的に好きなメンバーは矢口真理さんでしたが、彼女がいなくなったので最近はごぶさたです。久住小春ちゃんは第7期のメンバー、2005年オーディションの合格者だそうです。7月15日生まれということで14歳になったばかり。
 「きらりん☆レボリューション」はアイドルもの、小学生の女の子に大変人気があり、その主題歌をモーニング娘のメンバーが歌うということで人気爆発です。通常盤は品薄状態だそうです。今回僕の買ったのは初回限定盤。ジャケットが異なります。

「恋☆カナ」/古屋真作詞、織田哲郎作曲、家原正樹編曲、久住小春歌唱。
posted by KAZU at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2006年07月21日

「一球さん」



 「一球さん」(いっきゅうさん)は1978年にフジテレビ系列で放映された、水島新司原作の野球アニメ。「男どアホウ甲子園」の続編的作品で、「男どアホウ甲子園」のキャラクターも登場しているのだが、残念ながら視聴率が上がらず全26話で実質上打ち切られている。そのためエピソードが未消化の感じを受ける。原作を読んでいないので、どのような展開が先にあったのか、興味は尽きないのだが。
 忍者の血を受け継ぐということで素晴らしい運動神経を持つが、全く野球のことを知らない真田一球が巨人学園の野球部に入部する。野球を知らないために無茶苦茶、無謀なプレーが野球部に波瀾を起こす。知らないが故に度肝を抜くプレーが魅力だった。巨人学園の監督に豆タン(岩風五郎)、「男どアホウ甲子園」での藤村甲子園の女房役が登場している。今思えばもっと真剣に見ておくのだったと後悔。帯番組「男どアホウ甲子園」の方は大変な人気でしたから。
 キャストは主人公・真田一球に水島裕、呉九郎にたてかべ和也、大友俊に曽我部和行、堀田三吉に古川登志夫、司幸司に古谷徹、岩風五郎監督に野島昭生、芦田財閥令嬢・麗子に川島千代子、ヤスタケに野沢雅子ら、そうそうたる声優さんが出演している。
 オープニングは「青春の歌が聞こえる」で保富康午作詞、荒木とよひさ作曲、丸山雅仁編曲、歌は荒木とよひさ。オープニングには似合わない静かな歌だが、荒木とよひさ氏の歌声が心にしみわたる名曲。

君にも聞こえているか あの歌声
遠い潮騒のように 夢多く
みんながどこかで 歌ってる
若いなら 君も歌えよ その唇に
君の歌を 君だけの歌を 乗せる時
ひびきあう 心と心
ああ青春の ああ青春の
歌が聞こえる

 エンディングは「一球さん」。オープニングと同じく保富康午作詞、荒木とよひさ作曲、丸山雅仁編曲で、歌は堀江美都子さん。堀江美都子さんのこのエンディングがかすんでしまうくらいにオープニングは素晴らしい曲です。
posted by KAZU at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2006年07月20日

「男どアホウ!甲子園」

おれが死んだらよ、三途の川でよォ
鬼あつめて野球する ダンチョネ


 「男どアホウ!甲子園」は1970年に日本テレビ系列で放映された、月〜土の1日10分の帯番組、全156話(26週)。原作・佐々木守、作画・水島新司の野球漫画のアニメ化。「週刊少年サンデー」で5年にわたって連載されたそうで、原作では甲子園の中学時代からプロまでの活躍を描くが、アニメでは南波高校時代を描く。
 ネット上で調べてみたものの、漫画のキャラクターやストーリーを紹介したところは多いのだが、アニメの方は少ない。どうもアニメと漫画では一部キャラクターとストーリーに違いがあるようだ。記憶を検証したいが十分な情報が得られなかったので間違っていたらご一報をお願いします。
 甲子園球場のグランドキーパーである祖父藤村球乃進が名づけた藤村甲子園は曲がったことが嫌いな剛球ストレート一本の野球どアホウ。野球アニメでよくある名勝負場面よりも甲子園のどアホウぶりが描かれて、そのストレートさが心地よい。アニメ作品人気の秘密ここにありといったところ。声を演じるのは井上真樹夫さん。アニメでは一時標準語で喋っていたらしいが、こてこての関西弁しか記憶がない。左投げ左打ち、背番号1。アニメでは父母は出てきていないと思う。
 甲子園の恋女房、岩風五郎、通称豆たん。小柄ながら誰にも受け止められなかった甲子園の剛速球をピタリと受け止めそれ以来キャッチャーを務め、甲子園の球を受け続ける。右投げ右打ち、背番号2。声を演じるのは森功至氏。
 たった二人で始めた南波野球部の部員を増やすため甲子園が校門でスカウトしたのが千曲ちあき、通称美少女。黒の詰襟を着ていたために甲子園は男と思っていたが、着替える時に「更衣室はどこ?」と問われ、「ここで着替えろ」と言うと、上半身ブラジャー姿になったところで女と気づく。「なんで学生服着とったんや」。右投げ右打ち、背番号5の三塁手。

Read More へRead More
posted by KAZU at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2006年07月19日

「託す者へ〜My Dear〜」



 「聖闘士星矢〜冥王ハーデス冥界編」のオープニングは「女神の戦士〜Pegasus Forever〜」。作詞は原作の車田正美氏と松尾康治、作曲はKacky、編曲はKacky&大石憲一郎、歌はMaria del ray。「冥王ハーデス十二宮編」の音楽が新鮮な音だっただけにこの曲はテレビシリーズを思い起こさせる音。

 燃え立つ小宇宙
 女神の戦士
 翔べ
 forever
 聖闘士星矢
と、歌詞はお決まりの文句だからなおさら。
 反してエンディングは「十二宮編」のオープニングを歌ったまつざわゆみさん。そのオープニング「地球ぎ」に比べるとエンディング「託す者へ〜My Dear〜」は物足りないが、オープニングよりは、静かに聞くことができる。車田正美・松尾康治作詞、Kacky作曲、大石憲一郎&Kacky編曲。

posted by KAZU at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション