2005年12月15日

ガッシーン!

 「UFO戦士ダイアポロン」は1976年にエイケンの制作でTBS系列で放映された作品,全26話。ストーリーを覚えておられる方は少ないのでは。今となってはマイナーなロボットアニメという印象が強い。しかし,この作品を今まで伝えているのはその主題歌の素晴らしさではないだろうか。
 「あおぞら学園」(孤児院)で育ったタケシはある日突然,謎の男に自分がダザーン軍団に滅ぼされたアポロン星人の王子だと告げられる。そして体内に隠されたキーエナルジーで宇宙のエネルギーを開放することができるという。やがてダザーン星人は地球へもその手を伸ばしてくる。アメフトコスチュームで活躍するUFO少年団と共に,タケシは変形合体ロボ「ダイアポロン」を使ってダザーン軍団と戦う。ダイアポロンはタケシの乗ったUFOとヘッダー,トラングー,レッガーが合体する巨大ロボ。ロボットというよりも巨大な鎧といった感じのものだ。タケシの「ガッシーン」の叫び声とともにその合体は完了する。
 キャストはタケシに村山明,五郎に山下啓介,松男に千々松幸子,ミキに小宮和枝,ヒデキに小宮山清,ダザーン総統に過ぎた俊也,謎の男ラビに千葉順二ら。
 さて圧巻は子門真人氏の歌うオープニング「UFO戦士ダイアポロン」とエンディング「UFO少年団」。僕はこのレコードは買いそびれてしまったのでダイアポロンの勇姿をご紹介できないのが残念。
 「UFO戦士ダイアポロン」は山本正之作詞・作曲,武市昌久編曲。「ガッシーン!」の叫びから始まるこの曲は正統派アニメソング。随所にストーリーのキーワードがちりばめられている。「ダイアポロン」は勿論,「ダザーン軍団」,「胸の日輪」,「キーエナルジー」,「ヘッダー」,「トラングー」,「レッガー」などなど。のびやかな曲はさすが山本正之氏,その名曲をこれまた子門真人氏が絶唱している。
 エンディングは「UFO少年団」。こちらも山本正之作詞・作曲,武市昌久編曲。最初の部分は凹凸のないちょっと変わった音の運びなのだが,「平和のゴールはすぐそこだ」のところから盛り上がり「ユーフォー,ユーフォー,少年団」の子門氏とコーラスとの輪唱が耳に残る。

posted by KAZU at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション