2005年12月08日

「アイドル伝説えり子」

 アイドル歌手田村英里子さんをご存知でしょうか。田村英里子さんが話題になったのは田村さんがデビューして歌が売れて有名になったのではなくて、デビュー前からお金をかけてプロモートし大々的にデビューさせた大型新人ということで、週刊誌や新聞でもこの時の記事はよく見かけた。実は仕事で巡り巡って田村さんのプロモーショングッズを作る一工程にかかわったことがある。特殊な製版印刷の仕事で生写真(ポジ)も手に取り、製品も見たが、残念ながら僕の手にグッズは渡らなかった。(自社で刷っていたらもらったんだけど)
 その田村英里子さんをイメージして作られたアニメが「アイドル伝説えり子」。1989年テレビ東京系列から放映、制作は葦プロ。実は余り詳しく語れる程見てはいないのだが、ストーリーはかなりシリアス。キャッチフレーズは確か「やがて、少女は伝説となる」、全51話。
 プロダクションを経営する父田村雄介と人気歌手美奈子の間に生まれた娘・えり子は14歳になったある日、交通事故で父を亡くし、母は意識不明となる。叔父田村項介の野望が渦巻く中でえり子はアイドルデビューする…というストーリー。
 矢島晶子さんがえり子の声を演じ、えり子の歌う歌をセリフが絡む場面では矢島さんが歌ったりもしたが、多くの主題歌を田村英里子さんが歌っている。
 オープニングは「涙の半分」、田村英里子さんの代表曲となっている。田口俊作詞、筒美京平作曲、小林武史編曲。
 エンディングは「Unchained Heart」で森山進治作詞、都志見隆作曲、樫原伸彦編曲、歌は橋本舞子。曲想はオープニングとちょっと異なってどこなく暗さの漂う曲。音の進行は随分激しくてオープニングだと言われれてもおかしくないくらい。「アイドル伝説えり子ボーカルコレクション」には収録されているが、オープニングに比べればマイナーです。最終回のみ田村英里子さんが歌う別の曲が使われているそうだ。(未確認)
posted by KAZU at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション