2005年08月29日

「最強ロボダイオージャ」



 「最強ロボダイオージャ」は「まんが水戸黄門」と同じく1981年に放映されたアニメ作品、全50話。こちらはSFロボットものです。制作は日本サンライズ、創通エージェンシー、名古屋テレビというちょっと変わったクレジット。音楽は渡辺宙明さんが担当している。そのせいか子供向けロボットアニメにしては音のノリが大変よくてオープニングもエンディングも25年経った今、めったに聞くことはないがよく覚えている。スッと入ってくるメロディだ。
 多くの惑星諸国を統合して支配するエドン王国。この王国では次の王になる者には全ての領土である惑星諸国を回る視察の旅に出なければならないという掟がある。16歳になった国王の息子エドワード・ミトにもその視察の旅の出発の時がやってきた。城での生活にうんざりしていたミト王子は部下にデューク・スケード、バロン・カークス、フローラ・シノブを伴い、喜び勇んで旅に出る。身分をかくして諸惑星を歴訪、庶民を苦しめる悪人を最強ロボダイオージャで成敗する。とまあ水戸黄門のSF版。キメのセリフは「悪に染まりし者どもよ、今こそその眼でしかと見よ」
 キャストはエドワード・ミトに古川登志夫、デューク・スケードに石丸博也、バロン・カークスに西村智道、フローラ・シノブに高木早苗、バルジャンに永井一郎ほか。
 オープニングは「最強ロボダイオージャ」で、伊藤アキラ作詞、渡辺宙明作・編曲、歌はたいらいさお。エンディングは「ヨカッタネ宇宙」で作詞、作曲、編曲、歌ともにオープニングと同じ。

トラックバック先URL: http://ameblo.jp/dukkiedukkie/entry-10002383607.html
posted by KAZU at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション