2005年08月20日

「Alive A life」



 「仮面ライダー龍騎」は2002年2月から翌年1月の放映。どうもライダー同志の戦いの構図が好きになれなくて真剣に見なかった。ただ、男の戦いで最近の作品としては女性レギュラーが少なかったというのが特徴かな。“おばちゃん”は別にすると、杉山彩乃(神崎優衣)と久遠さやか(桜井令子)、次シリーズ「555」に続投した栗原瞳くらい。男の戦いについてはちょっとまとめてから記事にしたいと思う。
 結構気に入っているのがオープニング「Alive A life」、作詞は海老根祐子、作曲は和田耕平、編曲は嘉津也。歌が松本梨香さんで、実は松本梨香さんの声が好きだ。ポケモンの歌などおもしろおかしい歌を聞いていてもスッと声が入ってくる。極めつけはやはりビートの聞いたアップテンポの曲だと思う。ポケモンなら「めざせポケモンマスター」が一番でしょう。この「Alive A life」はオープニング映像が思い出せないくらい印象が低いけれど、曲の方は忘れがたい。
 歌詞もイメージ的なものでライダーの名前すら出て来ないが、内容をおさえた言葉が連ねられている。キーワードは「鏡」。

 夢よ踊れ この地球(ほし)のもとで
 憎しみを映し出す鏡なんてこわすほど

 愛よ照らせ この空の果ても
 真実を惑わせる鏡なんて割ればいい

 改めて聞いて物語を思い出すのにもちょうどいい。
posted by KAZU at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮