2005年08月17日

「黄金バット」



 この髑髏頭の黄金色の男の物語は1967年読売テレビ系列で放映された。昭和初期には紙芝居で人気を誇り、その後東映によって実写版で映画化された。この映画の設定を元に制作されたのがアニメ版、全52話。映画の方は見ていないのだがスーパーカーやナゾーの姿形は写真で見ている。アニメ版とはかなり違った印象を受ける。光=黄金バット、闇=ナゾーという勧善懲悪の物語で、今だと人気を得るのが難しいかなという設定だが、当時はこの単純な方程式で絶大な人気を誇った。「強い ! 絶対に強い ! 我等が黄金バット ! 」というナレーションは余りに有名。
 世界的科学者であり考古学者であるヤマトネ博士の開発した円盤型のスーパーカーで調査していた一行は「アトランティス」の遺跡を発見する。水を与えることで甦ったアトランティスの守り神「黄金バット」は少女マリが黄金のコウモリを呼ぶことによって現れ、ピンチを救い敵を葬り去る。唯一の弱点は乾燥で、それを知ったナゾーが乾燥装置を使って黄金バットを眠らせる。しかしマリの一滴の涙で再び甦るエピソードもあった。黄金バットの武器は手にしたシルバーバトンとマント。マントは一振りで風速50メートルの風を起こすということになっている。50メートルにしては強力すぎると思うのだが。
 地球征服を企む怪人ナゾーは黒衣を纏い、黒い覆面のような顔、耳があり、手はマジックハンド、四つの目を持つ。目の色はそれぞれ異なり怪光線を放つ怪人。何者か文字通り謎の人物。「ローンブロゾー」という意味不明の声を上げて出現・退場する。本拠地は移動可能のナゾータワー。ドリルの形をしており、先端部分は分離飛行も可能。
 キャストは黄金バットに小林修、ヤマトネ博士に村越伊知郎、ヤマトネ博士の息子タケルにカツオ・ブースカの高橋和枝、ダレオに立壁和也、マリに松島みのり、マゾーに内海賢二、ナゾーに島宇志夫。黄金バットの高笑いとナゾーの悪役らしき呪文(ローンブロゾー)は印象深い。
 黄金バットはカラー作品がぼつぼつ出始めたころの作品で、冒頭の場面の隅に「カラー」とか「カラー作品」とかの文字が入っていた時代。モノクロ受像機がまだ多かった頃のこと、カラー作品ですよと知らせていた。我が家はそれから8年後までモノクロ受像機だったからカラー作品とは全然縁がなかったけれど。主題歌については明日にでも。
posted by KAZU at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション