2005年08月10日

「かいけつタマゴン」



 「カバトット」をご紹介すれば、次はこの作品を避ける訳にはいきません、「かいけつタマゴン」。「カバトット」と同じくタツノコプロの制作、1972年より「カバトット」の終了を受けて放映された、5分1話完結、全195話。タマゴンの声を演じるのは同じく大平透氏。
 ストーリーはいつも困ったこと、ちょっとした悩み事から。それを解決するためにタマゴンに玉子を与えると、タマゴンは玉子を食べて「ケッコー!タマゴン!」と奇声をあげて一つのヘンな形の卵を産む。その卵から生まれた怪獣が悩みを解決するというもの。キャラクターはタマゴン以外にも登場するが、喋るのはナレーターが大半で、あとはタマゴンだけ。
 「カバトット」の後番組として頑張ったが前作の印象がかなり強くて、こちらを覚えておられる方は思ったほど多くない。主題歌は「かいけつタマゴン」で竜の子プロダクション文芸部作詞、はやしこば作曲、歌はムーン・ドロップス。スポンサー紹介を含めても15秒ほどの、これまた短いオープニング。この曲も実は一番の歌詞の冒頭の部分だけを使っていて、フルコーラスでは長いらしい。歌詞のデータはあるが聞いたことがない。
posted by KAZU at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション