2005年08月03日

『Green-Tea-r/緑色の涙』

みなさま、こんにちは。番外編です。

飯島真理さんが映画初出演、エンディングテーマも書き下ろした、
『Green-Tea-r/緑色の涙』が8月7日から14日までアンコール上映されます。
場所は、短編映画館 下北沢トリウッドにて。
お近くの方、いかがでしょうか。
詳しくは上記映画館ホームページをごらんください。
posted by KAZU at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

「あかつき号」事件〜アギト(3)〜

 あらすじはご紹介しないと書いたが、この“「あかつき号」事件”のことは書かないとキャラクターを紹介するのが随分難しい。勿論「アギト」をご覧になった方はいいのだけれど、見ていない方のためにこの事件をご紹介。これこそが「アギト」のストーリー上の最大の謎であり、翔一がアギトに変身することになった経緯でもある。
 高松行フェリーボート「あかつき号」は快晴の瀬戸内海を航行していた。ところが船内で乗船名簿に載っていない男の死体が発見される。そして突然の暴風雨、恐怖におののく乗客たちが集まった折りに、死体の男が最後の力を振り絞って沢木哲也(翔一)に光を照射する。男は「光の力」で翔一にアギトの力を授けたが、その光の余波を浴びた他の乗客たちもアギトの力を受けてしまう。暴風雨の中、怪人(水のエル)が出現、翔一は皆の目前でアギトに変身して戦うが海中にたたき込まれる。残った者たちに水のエルは「お前達もまた悪しき光を浴びた。だが、お前達が人でなくなるまではまだ時間がある。それまでは生きられるだろう、覚醒の前兆が訪れるまでは。だが、この事は誰にも言ってはならない。決して…忘れるな」と告げて消える。
 一方、香川県警の氷川誠は瀬戸内海で航行中の「あかつき号」周辺だけが暴風雨に包まれているという奇怪な現象に遭遇。ひとりで漁船を借りて乗客を救出した。これによって彼は「あかつき号」事件の英雄と呼ばれる。
 「あかつき号」事件に遭った乗員・乗客は高島船長、ギルスに変身する葦原涼の父で葦原和雄、アナザーアギトに変身する木野薫、三浦智子、篠原佐恵子、榊亜紀、相良克彦、橘純、関谷真澄、真島浩二そしてアギトに変身する沢木哲也(津上翔一)の11人。
 あの大きさのフェリーボートだから乗員が船長一人というわけではないだろうが、触れられていない。光を浴びた乗員は船長一人。でもあれだけの騒ぎで他の乗員が出て来ないのはおかしいが、まあそこは気にしないでおきましょう。
posted by KAZU at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮