2005年08月01日

「仮面ライダーアギト」(1)

 平成復活仮面ライダーの「クウガ」が好評のうちに終了して、次シリーズとして制作されたのが「仮面ライダーアギト」でしたが。実は見始めて10話ほどでストーリーの展開についていけず見るのをやめてしまいました。。難しいというわけではないのです。「クウガ」ではメカニズムは別にして五代雄介が仮面ライダーになったいきさつが第1話、2話で語られています。ところが「アギト」ではいきなり翔一が変身するわけです。第2話でも第3話でもそのいきさつは語られません。第4話でも、第5話でも、第6話でも‥。で10話あたりに来て、もう待てず、「やめ」ということになりました。こういう謎解き型の展開はどうも性に合わないです。
 そして最終回前数話から再び見始め、やっとなぞが解けました。謎が解けたとたん俄然おもしろくなり、ビデオを借りて最初から見ることに。理由が分かっていると最初の方の不可解な人物の行動なども理解できて楽しめました。僕と同じような性分の方は最後の2巻を先に借りて、その後最初から見るというのもいいかもしれません。
 「仮面ライダーアギト」は2001年「仮面ライダークウガ」の次期シリーズとして放映された作品、全51話。「クウガ」と違って謎解きしながらストーリーが進むのであらすじを書いても面白くないので、魅力あるキャラクターをご紹介しながら記事を書いてみたいと思います。先に木野薫はご紹介済み。
posted by KAZU at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮