2005年08月24日

はじめてのエヴァンゲリオン

 初めて見る「新世紀エヴァンゲリオン」、やはり社会現象を起こした作品だけあって、おもしろく、楽しく見ております。もう少しで全部見終わるのですが、今日は所見を。
 以前「ラーゼフォン」について「エヴァンゲリオン」を意識して作られているという記事を読んだことがありますが、その意味がやっと分かりました。設定上のテクノロジーや動き方が似ている部分があるんですね。もし人型で歩行中心の兵器を開発しようとすると絶対に遠隔操作のものでしょう。人が乗るようなものは多分作らない。メカゴジラのようなものではないかと思います。
 人間の判断力は10代より20代、20代より30代、30代より40代の方がより優れているでしょう。そこから先は単にのほほんと暮らした者と、修羅場をくぐり抜けてきた者とは違うとは思います。「政治家は60歳から」という言葉がありますが、これは国家を動かすような重要な判断力は60歳から養われるという意味だと理解しています。例外はあると思います。碇司令や冬月副司令はともかくとして、葛城ミサトは若干29歳、余りに若すぎます、対地球規模の戦いの指揮を執るには。
 エヴァンゲリオンのテクノロジーは全てが地球科学のものによるのではなくて、敵方の使徒のテクノロジーの応用部分があって、動きが動物的です。そしてそれを制御するのはわずか14歳の適合した少年少女だけ。兵器の開発コンセプトとしては失格です。この設定をはずしてしまったら、お話が存在し得ないですけどね。この手の設定で納得できるものとしては「ファイブスター物語」のファティマくらいでしょうか。
 おもいきり持論をぶちまけましたが、続きは全部見てから。
posted by KAZU at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2005年08月23日

「おどるポンポコリン」

 さて、みなさんは「おどるポンポコリン」というと何を思い浮かべるでしょうか。1990年世間をアッと言わせたレコード大賞受賞曲ですか、アニメ「ちびまる子ちゃん」でしょうか。僕は「おどるポンポコリン」というと“Mi-Ke”をまっ先に思い浮かべます。Mi-Keの三人はB.B.クィーンズのバックで「おどるポンポコリン」にコーラスを入れてましたが、翌年独立。「想い出の九十九里浜」でレコード大賞新人賞を受賞したのですね。
 さて話を「おどるポンポコリン」に戻しましょう。アニメ「ちびまる子ちゃん」は1990年1月に放映開始、15年たった今も日曜日のお茶の間で人気のアニメ。ということで現在放映中アニメについては触れないという方針ですので内容については
オフィシャルホームページ等をごらんください。オープニングはB.B.クィーンズの大ヒット曲である、「おどるポンポコリン」。作詞は「ちびまる子ちゃん」の原作者であるさくらももこ、作曲は織田哲郎。
 楽曲としてはなかなかよくできていると思います。累計売り上げは160万枚を突破ですよ。1990年オリコン年間チャート1位の貫禄でレコード大賞を取ったのでしょうが、しかしこの曲がねえ、と当時は首をかしげました。アニメ主題歌としては楽しく元気の出る曲です、深く考えずに楽しく聞きましょう。

 ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ
 ピーヒャラピーヒャラ おどるポンポコリン
 ピーヒャラ ピー お腹がへったよ
posted by KAZU at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2005年08月22日

「伊賀野カバ丸」



 「伊賀野カバ丸」は1983年日本テレビ系列で放映されたアニメ作品。原作は亜月裕、少女漫画系のコミックで実写版も作られた。
 伊賀の忍者の末裔であるカバ丸は、両親を幼くして亡くし厳格なおじいちゃんに育てられたが、その祖父の死去で東京に出てくることになる。山奥育ちのカバ丸が都会で起こす騒動、恋、ライバルとの戦いをコミカルに描く。
 とまあ、内容をご紹介したのだが実のところ殆ど見ていない。詳しい内容を調べてみてもなかなか情報がない作品。制作クレジットは東宝になっていたと思う。絵はとてもきれいだった。レコードジャケットを見ていただいてもわかると思うが、なかなか丁寧な線でこの手のアニメとしては大変緻密だと思う。
 オープニングは「サーカス・ゲーム」、売野雅勇、作・編曲大森俊之で歌はあのSugar(シュガー)。僕の記憶している限り、エンディングの「スミマセンMy Love」と共に唯一シュガーの歌ったアニメソング。シュガーの三人独特の音域の広いハーモニーが聞きどころ。

 Dance Dance Keep on Dance
 恋はcan't stop
 火のついた導火線ね
posted by KAZU at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2005年08月21日

「元気のシャワー」



 過去記事でご紹介した「遊戯王デュエルモンスターズ」のエンディング「元気のシャワー」、僕が唯一「遊戯王」の主題歌でCDを購入したもの。改めてご紹介。
 イメージ的で、編曲が凝っていて音がいっぱい詰まっている曲というのは、何度か聞いていると飽きてきますが、良い曲、気に入った曲はいくら聞いても飽きません。そんな曲でもすぐに変わってまうのが実に惜しいことでもあります。歌(CD)を売りたいという企てがあるからでしょうが、残念な思いをすることもしばしばです。
 「遊戯王」の主題歌の中で何度聞いても聞き飽きない曲を一枚だけ買いました。最初のエンディング、前田亜季の歌う「元気のシャワー」。松本隆作詞、植野慶子作曲、大平太一編曲。まだ8cmCDなんですね。
 映像とストーリーと歌が見事にマッチした聞きよい曲です。遊戯の幼馴染みの真崎杏子の心を歌っているような爽やかな曲です。杏子自身もデュエルを戦うデュエリストとして遊戯たちを支えていきますが、そういったところも歌詞にちょっぴり加えられていて、さすが松本隆氏といったところでしょうか。フルコーラスに対してテレビサイズは中程の部分が省略されています。
 ちなみに前田亜季さんは前田愛さんの妹、今では女優さんとして活躍しており、「ガメラ2」でしたか出演されてましたね。このCDは数少ない歌手活動のひとつです。ジャケットの表は亜季さんの写真、裏が遊戯のイラストになっています。
posted by KAZU at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2005年08月20日

「Alive A life」



 「仮面ライダー龍騎」は2002年2月から翌年1月の放映。どうもライダー同志の戦いの構図が好きになれなくて真剣に見なかった。ただ、男の戦いで最近の作品としては女性レギュラーが少なかったというのが特徴かな。“おばちゃん”は別にすると、杉山彩乃(神崎優衣)と久遠さやか(桜井令子)、次シリーズ「555」に続投した栗原瞳くらい。男の戦いについてはちょっとまとめてから記事にしたいと思う。
 結構気に入っているのがオープニング「Alive A life」、作詞は海老根祐子、作曲は和田耕平、編曲は嘉津也。歌が松本梨香さんで、実は松本梨香さんの声が好きだ。ポケモンの歌などおもしろおかしい歌を聞いていてもスッと声が入ってくる。極めつけはやはりビートの聞いたアップテンポの曲だと思う。ポケモンなら「めざせポケモンマスター」が一番でしょう。この「Alive A life」はオープニング映像が思い出せないくらい印象が低いけれど、曲の方は忘れがたい。
 歌詞もイメージ的なものでライダーの名前すら出て来ないが、内容をおさえた言葉が連ねられている。キーワードは「鏡」。

 夢よ踊れ この地球(ほし)のもとで
 憎しみを映し出す鏡なんてこわすほど

 愛よ照らせ この空の果ても
 真実を惑わせる鏡なんて割ればいい

 改めて聞いて物語を思い出すのにもちょうどいい。
posted by KAZU at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2005年08月19日

「Shuffle」

 世の中に“遊戯王”“デュエルマスターズ”なるカードゲームを蔓延させた究極のカードゲームアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」。確か2000年からの放映だったかと思う。遊戯王のアニメ作品としては2作目とか。現在放映中の3作目は見ていないが、未だもって人気は衰えない。「遊戯王デュエルモンスターズ」は一応8割は見ていたので内容に関しては書けますが、それはまた別の機会に。カードゲームを通して物語は進むが、テーマは「千年パズル」とそれにまつわる物語。
 今日は第2期のオープニング「Shuffle」を取り上げたいと思います。以前「遊戯王デュエルモンスターズ」の主題歌として唯一CDを購入した前田亜季の「元気のシャワー」をご紹介しました。これはピカイチですが、次にあげるとすればこの「Shuffle」。奥井雅美作詞、矢吹俊郎作・編曲のこの曲はリズムとメロディで聴かせる曲で奥井雅美の声もメロディに取り込まれてイメージ的にガンガン圧してくる。映像とマッチしたなかなか鋭いオープニングだ。ところが歌詞をじっくり読んでみると、作品の内容に沿ったもので、歌っている奥井雅美がしっかりとアニメの内容をつかんで作詞していることがわかる。是非歌詞カードを手に執って聞いて欲しいと思う。

 目を閉じて心で切る just like cards きっと
 奇跡を引き当てよう

 カップリングされているエンディングの「あの日の午後」も同じスタッフによる曲。こちらは少しスローテンポでバックの音を抑えてあるので歌詞もよく聞き取ることができる。こちらも秀曲だと思う。

 ちなみに息子が「やろう、やろう」とカードを持ってくるのですが、複雑でついていけません。
posted by KAZU at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2005年08月18日

「黄金バット」その2

 黄金バットは高笑いが有名だが、笑っているだけではなくてちゃんとセリフもしゃべる。しかしどちらかというと無口で余りしゃべらないのも事実。黄金バットのセリフとして僕がよく覚えているものが暗闇バットとの最後の戦いでのもの。
 ストーリー上での黄金バットの敵はナゾーだが、因縁の敵が「暗闇バット」。黒いコウモリと共に現れる、黄金バットをこげ茶色にしただけのような姿をしている。真っ黒じゃないんですね。多分黄金バットと同じくアトランティスの闇の神なのだろう。ナゾーとは関係なく黄金バットに戦いを挑み、ことごとく倒される。しかし忘れた頃にまた甦ってくる。最後の戦いは最終回も間近の頃だったと思う。戦いの場所を異次元空間に選んだ暗闇バットはここでも黄金バットに倒されて砂と化してしまう。そして黄金バットは「異次元で死んだものは二度と甦ることはない」と言って異次元空間を去る。
 さて、オープニングはバットの高笑いと共に始まる「黄金バット」。第一動画の作詞、田中正史作曲、うたはヴォーカルショップ。

 黄金バット
 どこ どこ どこから来るのか黄金バット
 ‥‥‥‥
 ‥‥‥‥
 コウモリだけが知っている

 この歌詞は有名。短い楽曲なのでオープニングはフルコーラス。毎回聞いていて思うのだが、この曲のイントロと間奏は危機迫る雰囲気をかもし出してすばらしい。劇中でもGBMとしてピンチの時や戦いの時に多用されている。
 エンディングは「黄金バットかぞえうた」でオープニングが余りに有名なので埋もれてしまっているが、軽快な名曲。第一動画作詞、田中正史作曲、歌は鈴木やすしとコロムビアゆりかご会。フルコーラスは10番まであり、エンディングは1番と10番を使用している。映像は止め絵だったと記憶している。再放送の時にテレビから録音しただけで、フルコーラスの音源を持っていない。一度全部聞いてみたい曲。
posted by KAZU at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション