2004年09月23日

スカッとハッピーエンド

 今日は秋分の日で休日。いつも見ることができない「絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク」をオープニングから見ることができた。しかし、残念ながら最終回。いつも現在放映中の作品はコメントしないことにしているのだが、今日は特別。
 先週、「夜明けの船」爆破シーンで終わっていたので、どういう形で物語を終えるのかと興味津々だった。久しぶりにスカッとする終わり方、ハッピーエンドで爽快である。グラムが海賊から足を洗っての終了は当然の筋だが、唯一これが不満かな。
 最も好きなキャラクターは「夜明けの船」の船長エリザベス・リアティ。この船長の指揮と度胸が見続けた理由のひとつ。アストラーダ副長も魅力的です。
 オープニングは「Take★Back」、エンディングは「アオイタビビト」。只今CD入手中。じっくり聞けたらコメントすることにします。
posted by KAZU at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal