2004年09月06日

「メガロマン」



 皆さんは「メガロマン」を覚えていますか。実は放映当時は新聞、雑誌で話題にのぼるほど人気の子供番組だったが、終わったとたんに皆の記憶から消えてしまった。僕も色々な人に機会あるごとに聞いてはみたが、覚えている人はかなり少ない。
 「メガロマン」は1979年の東宝の作品。巨大ヒーローに拳法を組み合わせたテレビ映画だ。故郷ロゼッタ星を追われ地球に落ち延びたたてがみ一族が追手の黒星族の怪獣たちと戦う物語。変身したメガロマンは体に比べて頭がやや大きく、腰までのびる白く長い髪が特徴、赤を基調としたところから「炎の超人」とも呼ばれる。
 オープニング「行け!行け!メガロマン」、エンディング「我が心のロゼッタ星」ともに水木一郎の歌。オープニングは子供番組らしく「メガロマン」を4回、必殺技を1回叫ぶ。「メガロマンは行くぜ、メガロマンはやるぜ」の部分の印象は深いが70点くらい。オープニングに比べてエンディングの方はなかなか良い。特に歌詞がすばらしい。作詞は雁屋哲。こちらには90点を差し上げたい。

Read More にちょっと歌詞紹介Read More
posted by KAZU at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮