2004年09月05日

「牧場の少女カトリ」



 「牧場の少女カトリ」は1984年の「世界名作劇場」の作品。「世界名作劇場」もこの頃になるとかなり視聴率が下がってしまい、年代的に当時見ていたであろう現在三十歳前後の女性に聞いても知名度は極端に低い。僕も見ることは殆どなくなったが、その後も相変わらずオープニングとエンディングだけを見続け、レコードも集め続けたせいで、歌は確実に歌える。
 原作はアウニ・ヌオリワーラの「牧場の少女カトリ」で1900年代初頭、ロシア帝政下のフィンランドでの物語。音楽は冬木透氏が担当しているが、主題歌の方は異なる。
 オープニングは「Love with you」で伊藤薫作詞、三木たかし作曲、鷺巣詩郎編曲で歌は小林千絵さん。アニメソングはモノクロ時代ではテロップに作詞者、作曲者しか名前がなかったが、アレンジメントの重要性が見直されて一般の歌謡と同様に編曲者の名前もしっかり載るようになった。三木たかしさんの作曲でどちらかいうとおとなしい曲、もの悲しげな曲でもあるが、前奏を聞いているとワクワクする気分になる。編曲の鷺巣氏のアレンジメントもすばらしい。エンディングは「風の子守唄」。伊藤薫作詞・作曲、鷺巣詩郎編曲、歌は小林千絵さん。物語の内容については語れるほど見ていないので今日は歌詞をそのままご紹介。Read More をどうぞ。Read More
posted by KAZU at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

「地球を護る者」


 私事になるが、幼少の頃から住んでいた家(公団の団地)に家族で最後に自分だけが残った。中学の時に父が単身赴任、弟は地方の大学へ、これを機に母が父の所へ行った。そして僕が結婚する前に公団の建て替え事業で立ち退くことに。親元に住んでいたなら本を処分することはなかったと思う。しかし、人生の節目で全ての荷物を持って出るのはかなり重荷で、本はかなり処分した。「幻魔大戦」シリーズは長大であるし、二度と読み返すこともないだろうと古本屋に売った。ついでに荒俣宏の「帝都物語」の全巻いっしょに。今となっては惜しい。
 さて、アニメソングでは曲に歌詞のついていない音楽だけのものは少ない。BGMではなくてテーマ音楽の話だが、ドラマなどではオープニングに歌詞のないテーマ音楽は多い。アニメではエンディングの方に少ないがいくらかある。昨日紹介した「幻魔大戦」には「地球を護る者」というテーマ音楽がある。映画の予告編やテレビの予告で流れたので映画を見ていない方も聞いたら思い出されるかもしれない。「光の天使」よりも有名な曲だ。
 原作の平井和正氏が映画のパンフレットに書かれておられるように、アニメ「幻魔大戦」の音楽は素晴らしい。BGM集(LP)も発売されている。今一度きいていただこうとCDを捜してみたのだが残念ながら見当たらない。ネットオークションや中古レコード屋さんで当時のLPを捜すのが手っ取り早そうだ。「地球を護る者」は「光の天使」のB面に収録されているので、シングル盤を入手すれば聞くことができる。鳴り物入りで公開されたが、批評はネガティブだったので捜せば見つかりやすい。
 最近アニメ版がシリーズで制作されたそうだ。見ていないのでコメントできないが、救世主誕生の物語もアニメ化されたのだろうか。機会があれば見てみたい。
posted by KAZU at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション