2004年09月04日

Wonderful People

 次の更新の前に少し宣伝をさせてください。
 飯島真理さんの新しいアルバムがリリースされます。
 アメリカの CD Baby から9月10日の発売
 詳しくは真理さんのページで。

 Quick Time Movie はこちら
posted by KAZU at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

「幻魔大戦」



 「幻魔大戦」は1983年公開の角川映画。原作は平井和正氏の同名小説である。その壮大なプロローグと最初の幻魔との戦い以降の東丈の人間模様を描く。小説「幻魔大戦」は「新幻魔大戦」「真幻魔大戦」へと物語が発展していくが、平井和正氏は突如としてペンを置き、読者としては大きな落胆を残して終焉を迎えた。
 さて、アニメはプロローグの部分第3巻あたりまでのエピソードを取り上げている。映像化するにはこの部分以外にはあり得ないだろうと思われる。超能力者と幻魔との直接の対決を描いた部分だ。物語はほぼ忠実に描かれているのだが、18歳で絶世の美女として描かれているプリンセス・ルナは16歳の設定で普通の女性、美男子の東丈は「美」とは付け難い。東丈の姉三千子も美女ということだが、アニメでは27歳にしては更け顔でちょっといただけない。戦士ベガも奇怪さが足りない。小説を読んでイメージを抱いていた人間にはキャラクターが余りに魅力がなかった。かろうじてソニー・リンクスと沢川淳子だけが僕の抱いていたイメージに近かったかな、という感じ。
 ストーリーを書くと長くなってしまうので、まだビデオ・DVDを見ていないという方は是非第3巻までをお読みになることをお勧めします。映像を先に見てしまうと安っぽくていけません。この小説の面白さはアニメ化された以降にあるので、ここで興味を抱くともうやめられなくなります。
 角川映画らしく声優陣は豪華です。東丈に古谷徹、プリンセス・ルナに小山茉美、東三千子に池田昌子、丈の恋人沢川淳子に潘恵子、丈の友人江田四郎に塩沢兼人、タオに原田知世、カフーに穂積隆信、戦士ベガに江守徹、フロイに美輪明宏。今から20年程前の作品であることを考慮すればかなり異色のメンバーであることがわかると思います。特に幻魔の侵攻隊長カフーの声は穂積さんのイメージそのもの。はまり役だ。
 一番すばらしいのが音楽。音楽監督にキース・エマーソンを迎え、音楽に青木望、主題歌にローズマリー・バトラー、更に締太鼓には鼓童を起用している。主題歌は「光の天使 Children of The Light」で作詩はトニー・アレン、作曲・演奏にキース・エマーソン、歌はローズマリー・バトラー。キャラクターデザインは大友克洋氏で大友氏の色濃いキャラクターだが先に述べたようにペケ。それに対してこの主題歌は絶品だ。前奏と最初の1フレーズを聞いただけで壮大さが伝わる。

Read More にちょっと歌詞紹介

トラックバック先URL:http://ameblo.jp/dukkiedukkie/entry-10003510001.htmlRead More
posted by KAZU at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション