2004年08月24日

「悟空の大冒険」



 「西遊記」を題材にしたアニメやドラマは結構たくさんあります。以前ご紹介した堺が猿、西田が豚、岸部が河童の「西遊記」、アニメでは「SF西遊記スタージンガー」などなど。どれもシリアスなストーリーの中にギャグを盛り込んでいるのが特徴。
 子供の頃に夢中になったのは何と言っても「悟空の大冒険」。悟空がチビ猿でやんちゃ坊主、さらに悟空はもちろんのこと、八戒、沙悟浄を含め三蔵法師までがギャグに加わり、ドタバタ劇を繰り広げる。それでいて「西遊記」の大筋は崩してはいないところがまたスゴイ。
 オープニングは「悟空の大冒険マーチ」で「3、2、1、0、ドカーン」から始まるナンセンスな歌詞が面白い。「カーッとなったらカッカッカッ、ボーッとなったらポッポッポッ 暴れだしたらとまらない、火の玉悟空の大冒険、ドカーン」
 エンディングは「悟空が好き好き」。悟空が通りを闊歩するシーンをバックにヤングフレッシュが軽やかに歌う。
 学校が好き好き好き、勉強が好き好き…
 そんなやつが悟空の大冒険を いっぺんみたら
 キスしてひっくりかえって ひょい
 てなことになってしまう かもね
 最後の「かもね」が何とも良いアクセントになっています。

 十数年前にこの歌を歌いながらアテネの夕暮れの町を歩く日本人の夫婦がいました。
posted by KAZU at 21:08| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメーション