2004年08月23日

悲劇の小ぐま



 1980年のモスクワオリンピックのマスコットはミーシャ。オリンピックに先立って1979年に朝日放送系で放映されたのが「小ぐまのミーシャ」だ。ご存知の通り日本はアメリカに追随してモスクワオリンピックは出場をボイコットしたために、次のロサンゼルス大会まで八年の空白を作ることになる。
 「小ぐまのミーシャ」はロス五輪のマスコット「イーグルサム」に比べるとずっとマスコットらしくてかわいいが、まだ冷戦時代でモスクワということもあり、人気がもうひとつだった。それに加えてボイコット問題。このアニメも忘れ去られた存在になってしまった。ただ、ファンの間では結構根強い人気がある。モスクワ五輪組織委員会の協力で、制作は日本アニメーション。日本の子供たちになじめるような内容で作られた。完全な子供向け番組だったので時々しか見なかったが、あどけないミーシャやナターシャがカワイかった。
 オープニングは「ノルマリーナ・ミーシャ(好きだわミーシャ)」。作詞は阿木燿子、作曲は宇崎竜童、編曲は船山基紀と曲想からはちょっと想像できないメンバーの作品。歌は沢田冨美子さん。イーグルサムもアニメ化されたが、僕にとっては五輪マスコットアニメの最後の作品。懐かしい限り。
posted by KAZU at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション