2004年08月16日

「金メダルへのターン」

 先日「水泳日本の影が薄い」とか書きましたが、確かに金メダルをいくつも取れるような状態ではないものの、ピカッと輝く選手がいるものです。バルセロナの岩崎恭子さんの時も日本中がわきかえりました。
 ところで水泳を題材にしたアニメは思い浮かびません。資料をみてもスポーツアニメのところに水泳を題材にしたものは見当たらず。そこで、ちょっと異論があるかもしれませんが、「金メダルへのターン」を特撮のひとつとしてご紹介します。(記憶が不確かなので間違っていたらごめんなさい)。どこが特撮かというと「トビウオターン」です。(笑)
 水泳選手、速水鮎子がミュンヘンオリンピックをめざす物語。種目は女子個人メドレー。必殺技は「トビウオターン」で、大したことないですが特撮が使われています。それから、俳優陣がすごくおもしろい。特別出演に元オリンピックスイマーの木原光知子、小泉博さんなどなど。是非リンクをクリックしてみてください。レインボーマンの水谷邦久さんなども出演しています。
 オープニングは「プールに賭けた青春」で今では堀江美都子さんの歌ということになっていますが、最初の頃は佐々木早苗さんが歌っていて、僕は堀江さんのファンではありますが、絶対に佐々木早苗さんの方がいい。第一、前半が佐々木さんでしょ、もうそれで観念が固定されているのに、何故変える必要があったのか。僕の録音もテレビからで佐々木さんのもの。佐々木バージョンはなかなか聞けません。

Read More でちょっと歌詞紹介。
posted by KAZU at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮