2004年08月11日

「赤き血のイレブン」

 東京オリンピックの時は小さかったので、日本でオリンピックがあったのだという記憶はあるが余り印象にない。それなりの記憶はメキシコから。これはアニメには関係ないが、メキシコ五輪では二つ忘れられないものがある。一つは最近まで破られることがなかったアメリカのビーモン選手の走り幅跳び。8メートル90でしたっけ。毎日新聞の記事では正面から跳躍をとらえた写真が出ていた。テレビでは横からの映像。最も高い時点で人の背丈ほど跳んでいた。すごいジャンプ。もう一つはサッカーの日本の銅メダル獲得。「釜本のシュート」、「釜本のシュート」、「釜本のシュート」。これもすごかった。ダイエーの王監督が以前言っていたが、スポーツにはスター選手がいないとダメ。
 サッカーには最近全然興味がない。日韓共催ワールドカップもテレビでさえ一度も観戦しなかった。新聞で結果を見ることもなかった。Jリーグ発足当時は試合も見たが「カズ」と「ジーコ」の二人のスター選手がいたから。さて、サッカーアニメは「キャプテン翼」が何と言っても一番先にあがると思う。一発シュートを打つまでの間がなが〜い、星飛雄馬が一球投げるのも長いが。しかし中身がサッカーということで殆ど見たことがない。主題歌も知らない。で、子供の頃に見たサッカーアニメというと「赤き血のイレブン」ということになる。
 「赤き血のイレブン」は1972年の放映。高校?を舞台に“照れ屋で陽気でおセンチ”な玉井真吾とその仲間の活躍を描く。その頃からもバレーボール並の時間差シュートやゴールキックで相手ゴールを狙うという型破りなプレーがあった。主題歌はオープニング「赤き血のイレブン」、エンディング「わが友玉井真吾」。

 一つ番外でサッカーアニメの主題歌をあげておくと「がんばれ!キッカーズ」のオープニング「君は流れ星」。別に西村知美のファンでもなんでもないが、この曲は一度聞いただけで気に入ってレコードを買った。機会があれば一度お聞きあれ。
posted by KAZU at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション