2004年08月07日

ルー・ルカ

 「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」と続く三作で通して登場するキャラクターは二人。ブライト・ノアとセイラ・マスである。とは言え、物語の中心ではない。ZZではセイラはジュドーの妹リィナを助けて兄に再会させるという役で他のキャラとは共に登場しない。またブライトは正規の軍人として物語にカツを入れるがZガンダムほど前面には出ない。
 ZZの正規軍人の中で最も人気が高かったのがルー・ルカ。もともとラビアン・ローズからコア・ファイターを搬送してきたのだが、そのままアーガマに残り、Zガンダムに搭乗する。長身で長い髪、ブルーのスーツにブルーの髪、職業軍人(志願兵)で美形。いつの間にか主人公ジュドー・アーシタを横に追いやるほどの人気が出た。最終回ジュドーと共に木星へと旅立つ。声は松井菜桜子さん。こういう僕もZZは三作目でなんとなく面白みがなくなってきていたが、ルーの登場でなんとか最終回まで見ることができた。
 ZZの主題歌は第1期がオープニング「アニメじゃない」、エンディング「時代がないている」、第2期のオープニングは「サイレント・ヴォイス」、エンディングが「一千万年銀河」。「アニメじゃない」はその突飛なタイトルと歌詞が話題になったが、ガンダムらしさに欠けた。ひろえ純の歌う第2期主題歌の方が印象に深い。関係ないが、ひろえ純のレコードジャケットの写真がルー・ルカとちょっと重なる。長い髪とブルーのスーツのせいか?
posted by KAZU at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション