2004年08月05日

「冒険ガボテン島」

 「冒険ガボテン島」を覚えておられますか。1967年放映のアニメ。第1話でイガオに誘われて竜太は嫌がる妹のトマトの手を引いて夜の遊園地へ潜入する。集まったイガオ、キューリ、ガボと共に人気の潜水艇に乗り込む。不安がるトマトの心配をよそに潜水艇を動かす四人。ところが潜水艇をつないでいたチェーンが切れてしまう。暴走する潜水艇を止めることができず、どんどん沖へ進んで行き‥とうとう見知らぬ島へたどりつく。この最初の場面はよく覚えているのだが、記憶はかなりあいまい。後の記述は誤っているかもしれない。島にすむ大きな白い老オウムがガボテンと言ったことから五人は島を「ガボテン島」と名づける。ここから子供五人の漂流記が始まる。まじめで思慮深い竜太と行き当たりばったりで協調性のないイガオが噛み合わないためにいつも事件が起こる。心配性で気の弱いトマトはちょっと極端だが本来の五人の気持ちを表していたのかもしれない。最終回はさっぱり記憶がない。ただ、ガボテン島が火山島で爆発の兆候を見せて、五人は脱出を試みるという内容だったような気が。

 トマトの声を演じるのは杉山佳寿子さん。調べたところによるとアニメデビューはこの作品とか。僕にとっては2作目の「サイボーグ009」のフランソワーズ(003)が一番印象に深いのだが。
 オープングは「冒険ガボテン島」。ザザザザザザ‥とガボテンガボテン‥を繰り返すリズムが印象的。エンディングは「いつもコンビで」。トマトと鳥のケロちゃん、ガボとゴリラのゴリのコンビの仲良しぶりを歌う。
posted by KAZU at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション