2004年08月04日

サイレントメビウス


劇場版パンフ表紙より

 通常アニメ作品ではTVシリーズが好調で、劇場版が制作されるケースが多い。しかしながら中には劇場版が先に制作されるケースもある。「サイレントメビウス」がそうだった。
 第1作は1991年の角川映画「サイレントメビウス」。翌年に「サイレントメビウス2」が制作された。原作は麻宮騎亜の人気コミックで劇場版は原作からプロローグ的なエピソードを描いている。基本的な設定がやや難解なものなので、短い作品でうまく描いていると思う。この劇場版がパイロット版的な役割を担い、後TVシリーズが制作されたとか。
 しばらく日本を離れていて帰ってきた時にちょうど放映していて、感激した。香津美・リキュールをはじめとして、ラリー・シャイアン、レビア・マーベリック、キディ・フェニル、彩弧由貴、闇雲那魅ら六人のAMP (対妖魔用特殊警察) の活躍を描く。TVシリーズになって原作の全容をとらえることができるのと各キャラクターのエピソードをみることができるのが嬉しい。帰国したとき既に放映中だったので、ビデオを借りて1話から通して見た。
 どちらかというと、マニアックな作品なので、なかなか今ビデオを置いている店も少なくなってしまたった。万人にお勧めするものではないが、興味があれば是非見ていただきたい。主人公は香津美・リキュールであるが、シリーズを通して鍵を握るのはAMPのリーダーラリー・シャイアン。彼女の活躍が光る。声は子供の声が多い藤田淑子さんだが、渋い大人の女性を演じているのも見逃せない。
 もうひとつ書かせてもらうと、香津美と血の盟約を結び復活した「剣皇グロスポリナー」の川久保潔さんの声も渋い。劇場版でも登場しているが、TV版での復活の場面は感動的だ。声優さんは他に松井菜桜子、本多知恵子、岡本麻弥、高島雅羅、鶴ひろみ、池田昌子、中田浩二ら。
posted by KAZU at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション