2004年08月17日

「空手バカ一代」

 「空手バカ一代」が放映されていた頃、弟の友達が「一」を長音記号と思って「空手ばか〜代」と信じていたのだが、
そんな馬鹿な話ではなく、梶原一騎原作のノンフィクションアニメの傑作。1973年の放映である。空手界のことは全く知らないが大山倍達の名前くらいは知っている。勿論当時は知らなかったが。梶原一騎が取材してつのだじろうが漫画の方を描いたそうだ。日本の空手界の大物、大山倍達の半生を描いたスポーツアニメ。スポーツものとして燦然と輝く名作だ。他のスポーツアニメとは一線を画している。
 内容をお伝えするほど正確には覚えていないのだが、印象深く記憶に残っているところをご紹介してみると。
 主人公飛鳥拳は特攻隊の生き残りとして復員して空手を糧に用心棒をしていたが、空手を極める道に目覚める。そして修行を積んで大会に出場する。瓦割りでは「何枚にしますか」と大会役員の問いに「この高さまで積んでほしい」と胸までの高さに瓦を積み、(枚数は忘れたが20枚くらいだったか)見事割る。次の組み手では寸止めルールであったが、野生の血が甦り相手に一撃を食らわす。反則減点ではあったが、瓦割りの枚数が余りに多いため、ルール上点数が一位となり優勝する。しかし大会会長の寸止め破りの批判に、日本空手界を飛び出す。世界で一撃必殺の空手を目指す。
 中国(だったか?)では名拳士を訪ねていくが、もうかなりの老人。話だけを聞いて帰ろうとすると、「食事にしますかな、先にやりますかな」と老人に問われ、やむなく対戦するが赤子のごとく老人にひねられてしまう。直線的破壊力を目指してきた飛鳥拳は円の動きの老人に一撃を与えることなく敗れる。直線的動きが自然でないことを悟る。
 三十を過ぎて体力の頂点を過ぎた飛鳥拳はアメリカでFBIの訓練教官となる。まだ対日感情が非常に悪い時期のこと。この少し前に日本人に息子を戦争で殺されたおばあさんに傘の先で突かれるという事件があった。FBIの面々も日本人教官に敵意をむき出しである。飛鳥拳はかかってくるアメリカ男に人指し指を出して「お前をこの指一本で倒す」と宣言する。そして、指を相手の脇腹だったかに突き刺して倒し、これがどういうものかを医学的な説明を加えながら解説する。これをきっかけに拳は信頼を得る。
 こうして書いている間に他のエピソードも思い出してきたがこの辺にしておこう。

 さて、オープニングは「空手バカ一代」。作詩は梶原一騎、作曲は平尾昌晃。梶原氏の思い入れと歌手から作り手にまわった平尾氏の気合のこもった名曲。歌は大安蓮。この大安蓮はこの時の子門真人氏の歌唱名義。子門真人氏はレコード会社、プロダクションごとに違う名義を持っていることはファンの間では有名。この曲も聞けば子門シャウトだ。
 エンディングは「空手道、男道」。歌詞の最後「己と敵とに虹かけて、虹呼ぶ拳が空手道」のところは、当時から意味がよく理解できない。アニメ主題歌としては意味の非常に深い歌詞である。
posted by KAZU at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2004年08月16日

「金メダルへのターン」

 先日「水泳日本の影が薄い」とか書きましたが、確かに金メダルをいくつも取れるような状態ではないものの、ピカッと輝く選手がいるものです。バルセロナの岩崎恭子さんの時も日本中がわきかえりました。
 ところで水泳を題材にしたアニメは思い浮かびません。資料をみてもスポーツアニメのところに水泳を題材にしたものは見当たらず。そこで、ちょっと異論があるかもしれませんが、「金メダルへのターン」を特撮のひとつとしてご紹介します。(記憶が不確かなので間違っていたらごめんなさい)。どこが特撮かというと「トビウオターン」です。(笑)
 水泳選手、速水鮎子がミュンヘンオリンピックをめざす物語。種目は女子個人メドレー。必殺技は「トビウオターン」で、大したことないですが特撮が使われています。それから、俳優陣がすごくおもしろい。特別出演に元オリンピックスイマーの木原光知子、小泉博さんなどなど。是非リンクをクリックしてみてください。レインボーマンの水谷邦久さんなども出演しています。
 オープニングは「プールに賭けた青春」で今では堀江美都子さんの歌ということになっていますが、最初の頃は佐々木早苗さんが歌っていて、僕は堀江さんのファンではありますが、絶対に佐々木早苗さんの方がいい。第一、前半が佐々木さんでしょ、もうそれで観念が固定されているのに、何故変える必要があったのか。僕の録音もテレビからで佐々木さんのもの。佐々木バージョンはなかなか聞けません。

Read More でちょっと歌詞紹介。
posted by KAZU at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2004年08月15日

腐っても巨人

 プロ野球アニメは何といっても「巨人の星」これ以外にはないでしょう。今、巨人離れが進み視聴率が下がったとはいえ、他の球団ではアニメは成立しない。
 「巨人の星」は1968年から1971年の三年余りの放映、全180話。まあこれほど実在の人物が大量に出てきたアニメも他にないだろう。印象深いところを列挙すると。
第50話「堀内にいどむライバル」飛雄馬の入団テストに現れた花形と現巨人監督堀内氏との言葉の駆け引き、表情がおもしろい。
第74話「一徹の見た幻」多摩川グランドでの巨人の練習を見ていた一徹は自分の野球常識では考えられないシーンを見る。
第106話「鬼コーチ一徹の誕生」一徹のノック練習が印象的。「キャッチャー木俣!」ふつう捕手にノックはしないだろう。
第132話「天才花形の敗北」天才だがとことん負けを認めない男だ。左門の電話でやっと納得。
第153話「敗れた鬼」サインどおりに打った伴が星コーチに詰め寄る。「鬼にも涙があった!」あの台詞が感動的でした。
第161話「京子のまごころ」大リーグボール3号のヒントをくれた、女番長お京。人の心は話せばわかるの時代のいい話。
第180話「輝け巨人の星」一徹に負われて退場する飛雄馬、流れる「行け行け飛雄馬」。

 1977年第1期長嶋巨人優勝を受けて制作されたのが「新・巨人の星」。4クール1年間放映されたが、もう既に前シリーズの栄光は残っていなかった。しかし面白いエピソードもあった。

 最後に「侍ジャイアンツ」、時代は再び戻って川上監督時代の巨人。1973年〜1974年の放映。前半はギャグアニメか?(そこまではいかないにしても)笑える場面も結構あったが、後半は一転シリアスなスポ根ものに。オープニングも水木一郎の「侍ジャイアンツ」からロイヤル・ナイツの「王者侍ジャイアンツ」に変わって、一気にひきしまった。かなりの秀曲に仕上がっている。一度だけ子門真人の歌が流れたのは有名。聞いた時「おおっ、歌手が変わった」と思った。ところが翌週はまたロイヤル・ナイツの歌に戻っていた。どういう意図があったのか?謎。
posted by KAZU at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

水島野球アニメ

 野球アニメでは「巨人の星」をおいておいて、竜の子プロの「一発貫太くん」などがあるが、水島新司氏原作の野球アニメははずすことはできないだろう。
 「ドカベン」は山田太郎、里中智、岩鬼、殿馬など個性的キャラが揃っているのだが、どうも見ていてもう一つ燃えなかった。
 「一球さん」は1978年の放映。こちらは主題歌が秀逸である。オープニング「青春のうたが聞こえる」は荒木とよひさの作曲で本人が歌う。スポーツもののオープニングとは思えない荒木節の傑作。エンディングは「一球さん」。こちらも荒木とよひさ作曲で歌は堀江美都子さんがさわやかに歌っている。
 さて、水島野球アニメの傑作は「野球狂の詩」だろう。漫画原作で実写映画も作られたほど、そのストーリー性がすばらしい。最高のキャラはMetsのエース、監督より年上、五十代の現役投手岩田鉄五郎。岩田鉄五郎の現役へのこだわりはすさまじい。成績度外視である。プロであるからには勝つことは必至だが1つ勝って9つ負けても挫けない。当時巨人の王選手が引退した。僕には王選手が引退する理由がわからなかった。最後の年でさえホームランの数は30本を超えていたのに。フル出場しなくても、代打用員になっても出場すればホームランの世界記録をのばせたのにと思っていた。岩田鉄五郎であってほしかった。
 それから水原勇気。まだプロが男子のみという時代(そういう設定だった)にいきなりMetsは水原勇気をドラフト会議で一位指名する。水原が女性であることが分かった後に、ドタバタがあるが、結局水原はマウンドに立つ。そして見事にボコボコにされる。それを岩田鉄五郎が立ち直らせドリームボールを生み出す。このドリームボールを初めて投げるシーンは有名。堀江美都子さんの歌う「勇気のテーマ」が流れる中、水原が決勝のボールを投げる。「勇気、勇気、ドリームボール」。
 他にも名場面があり、それぞれに印象深い主題歌が使われている。
 「野球狂の詩」スキャット:堀江美都子
 「勇気のテーマ」堀江美都子
 「北の狼・南の虎」水木一郎
 「母さんの灯」水木一郎
 「栄光の彼方へ」水木一郎
 「夕暮れのグランド」インストメンタル
posted by KAZU at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2004年08月14日

高校野球?

 野球アニメは数々あれど、さて何を一番先に挙げるかとなると人それぞれ違うだろう。高校野球派には「タッチ」や「ナイン」を挙げる人がいるかと思うが、僕はあれは青春もので野球ものとは思ってはいない。
 高校野球なら「男どアホウ!甲子園」(1970年)。確か月〜土の一日10分の帯番組。甲子園球場のグランドキーパーだった祖父が名付けた藤村甲子園(声は井上真樹夫さん)、片目で片腕のサモンジ、豆たん、美少女とクセの強いキャラクターばかり登場する。
 もうひとつ挙げれば「アパッチ野球軍」。原作は花登筐と異色の劇画調アニメ。1971年の放映。
 甲子園の剛腕投手堂島剛は父親が勝手に契約金の高いプロ球団と契約したことに腹を立て自ら利き腕をつぶして野球人生に終止符を打つ。その後、監督から監督の友人が校長を務める貧しい山村の分校での野球指導を頼まれ出かけていく。いきなり山中で女性(千恵子、校長の孫娘)が男二人(ザイモク、モンキー)に襲われているのに出くわす。この男二人が生徒だと知って剛はとんでもない所に来たことを悟る。野球を見たこともない野性児の集団に野球を教え、野球をを通して教育を進めていく物語。最後とうとう地区で優勝するまでになるが、この分校が文部省の認可校でなかったため甲子園出場を断念せざるを得なくなる。こうして任を終えた堂島剛は山を去ることになり最終回を迎える。ザイモク、モンキー、網走、オケラ、ダニ、ハッパ、ダイガク、ハナコ、ダイコン、モグラ、千恵子、校長が見守る中、船に乗ろうとする剛に校長が、
「みやげを渡すのを忘れておった。ほれ」
と千恵子の背中を推す。剛と千恵子を乗せた船が港を離れて、試合終了である。

Read More で歌詞紹介。
Read More
posted by KAZU at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2004年08月13日

柔能く剛を制す

 今日は柔道アニメを。五輪では東京から正式種目になったのですよね?

 男子柔道ものでは「いなかっぺ大将」も柔道をやっていたが、あれはスポコンものには程遠い。やはり「柔道讃歌」を一番にあげるべきかと思う。1974年放映の作品、全27話。主人公は巴突進太。女シャチと呼ばれた巴投げを得意とする母、輝子は講道館で男子に戦いを挑み敗れる。母の夢を受け継いで柔道に励む突進太だが、残念ながら小柄である。小柄の突進太が、柔道の極意「柔能く剛を制す」を実践しながら、巨漢相手に必殺の二段巴投げ(ちょっと自信ない)を編み出す。
 オープニングは「柔道讃歌」、エンディングは「母子シャチ」。圧巻はやはりオープニングだろう。歌は子門真人。「柔能く剛を制すの夢にかけた命は惜しかない」と熱唱する。

 女子柔道ものは「YAWARA」。こちらは原作漫画を受けて結局三年弱も放映された名作。余り見ていないので詳しくはご紹介のサイトをご覧ください。こちらもロングランだけに猪熊柔が高校生から最後OLまで成長するのでその姿を見ているだけでもおもしろい。放映が長かったため結果的にバルセロナ五輪へエールを送る形になった。アニメファンの間ではアニメ(漫画)の方が先だと田村(谷)亮子を「やわらちゃん」と呼ぶのに反対する人も多い。(実はもっと露骨に批判する人もいる。ちょっとネットサーフィンすると出会えると思うが。)
posted by KAZU at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2004年08月12日

「アタック!」



 サッカーの次はバレーボール。東京五輪で女子は金、男子は銅。メキシコでは共に銀。ミュンヘンでは男子金、女子銀。モントリオールで女子は白井、松田、江上、矢野の日立勢と裏エース前田の活躍で金奪還。男子はメダルを失った。当時女子は世界最強と言われていたので当然のように勝ったが、男子が負けて小田(新日鉄)が涙していたのは印象に残っている。次のモスクワはアメリカに同調して日本はボイコットした。この時の女子も世界最強と言われていた。女子としては珍しく背筋を使ってで強烈なアタックを打つ横山樹理(ユニチカ)をエースに勝つはずだった。横山選手のファンだったからこれは悲しかった。
 さて、男子バレーボールものといえば何と言っても「ミュンヘンへの道」。これは既出。
 女子バレものではやはり「アタックNo.1」だろう。「巨人の星」の飛雄馬の子供の頃のシーン、高校生のシーン、プロ時代のシーンを見比べてもあまり変わった感じを受けない。しかし、「アタックNo1.」の鮎原こずえの最初のシーンと最終回のシーンを見比べると、子供が女になったのに気づかされる。ロングランアニメではちゃんと成長とともに顔や体つき、表情まで少しずつ変えているのだと改めて感心した。あまりに有名なアニメなので内容は割愛。
 もうひとつ女子バレアニメを。「アタッカーYOU!」は1984年放映のアニメ。確か連載漫画からアニメ化されたと思うのだが。「アタックNo.1」が古き時代なら、こちらは今風アニメ、絵が違います。オープニングは「青春プレリュード」で歌は加茂晴美。この曲もお勧めなので機会があれば一度お試しあれ。
posted by KAZU at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション