2004年07月09日

REBIRTH〜女神転生〜

 MBSで深夜に放送された「デビルマンレディ」。深夜ながら高視聴率をかせいだそうだ。アニメ「デビルマン」に比べれば、遥かに大人向け、グロテスクかつエロチックで見応え十分だった。人によっては見もしないで「やらしいやつ?」とか言う人もいたが、それはどうかと思う。確かに強烈な印象を与える場面もあって、小さな子供に見せる訳にはいかないだろうが、理解の度を超えているからであって「やらしい」は当たっていない。それは高い視聴率に裏付けされている。設定も高度で、不動明の服が変身の度に破れても元に戻るが、不動ジュンは変身の後は全裸のジュンに戻る。
 テーマも大変重い。腰を据えて見ないと見えてこない。これはやはり見ていただくしかないかなと。原作はもちろん永井豪、アニメはデビルマンレディ編を単独で理解できるように作られている。前半は不動ジュンのビースト退治のハンターJとしての活躍を描き、後半は物語の核心へ迫りつつ異常な世界を描く。サタンあすか蘭とデビルマンレディ不動ジュンの交合の場面は意味深長そしてショッキングだった。形の上ではハッピーエンドだが、すっきりしないものが残る。

 さて、「REBIRTH〜女神転生〜」は田村ゆかりの歌う第一期のエンディング。田村ゆかりはこの後、アニメ歌手・声優としてブレイクする。単独で聞いてもなかなか良い曲だが、深夜に番組終了時に聞くと独特の余韻を残した。CDもいいが、ビデオの第一巻をだけ借りてでも聞く価値はあると思う。
posted by KAZU at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション