2004年06月11日

ダラム・ズバ

 昨日「伝説巨神イデオン」の二番目に好きなキャラを挙げたが、今日は一番のキャラを。
 ダラム・ズバはオーメ財団私設軍隊の隊長。戦線最前線に立ち、行動的、沈着冷静、実力も伴う最も好きなタイプのキャラクターだ。重機動メカ「ガンガ・ルブ」を駆る。バッフ・クランの正規軍を追われ、ギンドロ・ジンムオーメ財団代表に拾われる。ダラム・ズバもカララを救えず正規軍を追われたギジェ・ザラルを拾ってソロシップを追う。
 先にも書いたがダラム・ズバの魅力は実力派で現実的、行動派のところ。劇場版では率いる艦隊の旗艦で艦橋を直撃され爆死する。額のところで腕を十字に組み爆風と破片を防ぎつつまだまだこれからという意気込みを見せるが艦橋の壁へ吹き飛ばされる。見事な死に様ではあるが、平凡。やはりTV版の方が良い。
 TV版では全てを失い、宇宙服に核爆弾を仕込みコスモに決闘を挑む。自らの命を以って敵を殲滅する覚悟である。僕はもう少し卑劣な手を使ってでも、自爆すべきだったと思うのだが、ダラム・ズバのプライドが許さなかったのか。殆ど成功と思われた時、かつての部下ギジェ・ザラルの手によって頭を撃ち抜かれて死ぬ。ドロドロとした人間関係もまたイデオンの魅力。
posted by KAZU at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション