2018年08月16日

「真救世主伝説 北斗の拳」



 「真救世主伝説 北斗の拳」は2007年から発表された北斗の拳シリーズの作品で、
映画「ラオウ伝 殉愛の章」(2006)、OVA「ユリア伝」(2007)、映画「ラオウ伝 激闘の章」(2007)、OVA「トキ伝」、映画「ZERO ケンシロウ伝」(2008)の5本から成る。原作・武論尊、作画・原哲夫の漫画作品「北斗の拳」を基にテレビシリーズとは少し違う角度から、またテレビシリーズでは描かれなかった背景を描いた作品。制作はトムス・エンタテインメント、製作はノース・スターズ・ピクチャーズ。声優以外に経験のない俳優を積極的に起用してちょっと変わった雰囲気を醸しだす作品群になっている。
 視聴したのは随分前のことですが、全部見てからレビューするつもりで5本目を見ていませんでした。改めてここでご紹介。
posted by KAZU at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 北斗の拳

「マリア様のこころ」



 昨日たまたま、炊事をしながらふと思い出したのが「マリア様のこころ」。先日見たタカサゴユリの白い花が頭をよぎったからだと思うのですが、♪マリア様のこころ それは山百合 わたしたちも欲しい 白い山百合♪。洗い物するときの鼻唄になってしまいましたが。
 これもたまたま、FBの友人がアップした記事に「マリア様のこころ」の歌詞が全部。僕は「マリア様がみてる」のファンでしかありませんが、友人はちゃんとした信徒なので、“たまたま”とは言っても全く接点はないのですけどね。
 「マリア様がみてる」第1話「波乱の姉妹(スール)宣言」の最後のシーン帰途を急ぐ祐巳と蔦子がマリア像の前を通る時に「マリア様のこころ」が流れてきます。
「青空、樫の木、うぐいす、山百合、そこまでは分かるのよ。マリア様のお心を美しいものにたとえてるのは。でも、どうしてサファイヤなんだろう」と祐巳。この何気ないセリフが第3話の「月とロザリオ」の最後の場面につながっていきます。

マリア様のこころ それは青空
私たちを包む 広い青空

マリア様のこころ それは樫の木
私たちを守る 強い樫の木

マリア様のこころ それはうぐいす
私たちと歌う 森のうぐいす

マリア様のこころ それは山百合
私たちも欲しい 白い山百合

マリア様のこころ それはサファイア 
私たちを飾る 光るサファイア
posted by KAZU at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年08月04日

「長門有希ちゃんの消失」(4)

 「長門有希ちゃんの消失」の放映が終わって3年ほど経ちますが、今頃何でつづきかと申しますと、放映当時に録画したデータを家族に誤って消されてしまい、やっと先日レビューするために見直す機会に恵まれました。何と言っても第13話「長門有希ちゃんの消失III」、有希が元の人格に戻る前後。それから第14話「彼女の戸惑い」のキョンとハルヒのやりとり。



 宇宙人でも何でもない有希が、自分の人格が消えて次に眠ったら前の自分に戻ってしまうことを察知して、図書館の前からキョンに告白の電話をする。
「すき」「私はあなたのことがすき」
「さようなら、ありがとう」



 そして今の自分が消えてしまうことを告げます。自分の気持ちを伝えられたという満足感と消えてしまうことへの寂しさに涙する有希自転車をぶっ飛ばすキョン。「消失」の一番の見せ場でした。ストーリーはここから先が肝心な訳ですが、ここで終わってしまっても良いくらいの描写は大好きです。



 キョンが図書館の前に着いた時には既に有希は眠ってしまっており、目覚めた有希は以前の有希に。



 ここからキョンの苦悶が始まります。入れ代わりの有希に告白されたことで元の有希を意識してまともに話もできない。さすがに十代らしいかわいらしい苦悶です。人生ウン十年の僕にしてみれば異なる人格は姿が同じでも違う人。意識する必要がないと思ってしまうのですが。



 ハルヒに見事言い当てられてしまったキョンは…。
 ハルヒもまた4年前の七夕のことを思い出すのでした。

 最終回は煮え切らないので余り好きではないのですが、この2エピソードはおすすめ。
posted by KAZU at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月20日

「魔法使いの嫁」(8)

 それから「愛」。
 エリアスに落札され、



エリアスのものになり、



エリアスの弟子となり、



エリアスの嫁になります。



異形のものであっても、その深さに変わりはありません。

posted by KAZU at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月17日

「魔法使いの嫁」(7)



 本人は「へこんだ」と口にしていますが、一旦自らの存在を放棄したからか、死の恐怖にも「竜の呪い」にも「怒り」のような暴走は見せませんでした。



 レヴィンに諭されたのもありますが、自分を殺そうとした人にも向き合い、許し、解決を探そうとします。



 でも、愛している人が何も伝えてくれないことに、焦り、悲しみます。


posted by KAZU at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月14日

「魔法使いの嫁」(6)



★サブタイトル
 サブタイトルはイギリスが舞台らしく全て英語で、第6話の「The Faerie Queen.」を除くと成句的な表現になっています。その第6話も“Faerie”と旧い形の言葉を使っています。第5話など「Love conquers all.」(愛は全てに打ち勝つ) なんていいですね、その真偽は別にして。

#1 April showers bring may flowers.
#2 One today is worth two tomorrows.
#3 The balance distinguishes not between gold and lead.
#4 Everything must have a beginning.
#5 Love conquers all.
#6 The Faerie Queen.
#7 Talk of the devil, and he is sure to appear.
#8 Let sleeping dogs lie.
#9 None so deaf as those who will not hear.
#10 We live and learn.
#11 Lovers ever run before the clock.
#12 Better to ask the way than go astray.
#13 East, west, home's best.
#14 Looks breed love.
#15 There is no place like home.
#16 God's mill grinds slow but sure.
#17 Look before you leap.
#18 Forgive and forget.
#19 Any port in a storm.
#20 You can't make an omelet without breaking a few eggs.
#21 Necessity has no law.
#22 As you sow, so shall you reap.
#23 Nothing seek, nothing find.
#24 Live and let live.


 本作の素晴らしいところはメルヘンであっても喜怒哀楽の激しい表現。チセは一旦自らを放棄してしまったところから無茶が過ぎますが、自分が心を寄せたものに対する愛情は熱く、それを壊そうとするものに対しては激しい怒りをぶつけます。
 まずは怒りの表情を。暴走しそうになるチセをエリアスがこのあと制止しますが。

posted by KAZU at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月13日

「警視庁特別調査課 マーダーファイル 津山30人殺しを追え!」(2)


 
★キャスト
〇財前寺三郎 / 清水宏次朗
 警視庁特別調査課をたばねる所長。カップ麺が大好き。閑職のように見えるが、実は敏腕の捜査官で頭もキレるらしい。

〇橋谷紀子 / 時任歩
 特別調査課所員。財前寺の右腕、秘書役、29歳。

〇三上今日子 / EMI
 特別調査課所員。勿論警察官なのだが、自分の部署のことも財前寺がなにをやっているかも実はよく把握していないらしい、雑務役、23歳。

〇角松けいこ / 蒲生麻由
 特別調査課所員。東大法学部卒のエリート、25歳。

〇上杉巧 / 真勝國之
 特別調査課所員。元警視庁キャリア組。財前寺にほれ込んで特別調査課に志願してきた、30歳。

〇小松マリ子 / 勝村美香
 特別調査課所員。特別調査課の異端児。制服も着用せず私服で部屋にこもるが、財前寺が一番信頼する捜査官、27歳。

〇ナレーター / 山野井 仁

〇都井睦雄 / 幸 将司
 津山30人殺しの犯人。

〇都井睦雄が関係したとされる三人の女性
あいざわともみ
小原加奈子
間宮 結




★主題歌
〇挿入歌「キミのいないパーティー」

〇エンディングテーマ「マボロシファンタジー」
by Kodama Central Station



 さて、僕がこの作品を見た理由はただひとつ。勝村美香さんの舞台作品を除いて、未鑑賞の1点だったからです。「シスター・ボンバー」を思い出させるような、ちょっと変人ぽいキャラを歯切れよく演じていて、よかったです。メインキャストに名を連ねているのでシリーズ化されていたら、もうちょっと楽しめたのにな。





posted by KAZU at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編