2019年09月23日

「水中飛行論における多角的アプローチ」/竜ヶ崎怜



 最近ハマっているのがこの曲。「Free!」の竜ヶ崎礼(CV:平川大輔)が歌うキャラクターソング「水中飛行論における多角的アプローチ」。声優紅白歌合戦で平川大輔さんが歌った曲ですが、素晴らしい歌唱でした。他の方が歌った曲も勿論素晴らしいのですが、何せものによっては10年以上も前の曲。しょこたんですら当時の歌唱に比べれば見劣りします。この「水中飛行論における多角的アプローチ」も5年くらい前の曲になりますが、全くCDを聞いているのと変わらない見事な歌いっぷりでした。
 自他共に認めるアニメ主題歌ファンですが、実は本編で使用されていない曲は聞きません。というか興味がないのですね。主題歌はアニメと相俟ってこそ。以前ハマったのは「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門有希(CV:茅原実里)の「雪、無音、窓辺にて。」。有希のこの曲以来のツボです。


A B C 1 2 3 Answer please 美しい解を
Why? Why? Why?
完璧な理論 導き出す
Why? Why? Why?
当然の結果 疑いようもない
なのに何故だ 何故なんだ
どこが違う 理解できない

「水中飛行論における多角的アプローチ」
作詞:こだまさおり
作編曲:佐々木裕
唄:竜ヶ崎怜(CV.平川大輔)
posted by KAZU at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月18日

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」



 「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」は2015年12月に松竹から公開された劇場用アニメ作品。「Free!」の原作(原案)に当たる「ハイ☆スピード!」のアニメ作品でで、遙と真琴の中学時代のを描いて位いる。
 原作はおおじこうじの 「ハイ☆スピード!」、監督は武本康弘、脚本は西岡麻衣子、キャラクターデザイン・総作画監督は西屋太志、音楽は加藤達也、制作は京都アニメーション、製作はハイスピード製作委員会、110分。

★ストーリー
 遙と真琴は岩鳶中学校に入学する。相変わらずマイペースで競泳には興味のない遙だったが、学校の規則でクラブは必須。どこかの部に所属しなければならない。クラスメイトの鴫野貴澄にバスケット部に激しく勧誘され、一旦は真琴と共に入ろうかと心を動かすが、同じくクラスメイトの桐嶋郁弥と兄で水泳部部長の夏也との教室での口論がきっかけで、真琴、クラスメイトの椎名旭と4人で水泳部に入部することになる。遙は入部していきなり「フリーしか泳がない」と断言したため、部長との勝負になり同着だったため、フリーの出場は許されたが、同時にリレーにでることも求められる。遙、真琴、旭、郁弥、各自のタイムは1年生としてはハイレベルだったがリレーのタイムは伸び悩む。4人がそれぞれの悩みを克服してチームを作り上げ、夏の記録会でぶっちぎりで1位の泳ぎを見せるまでを描く。

★キャラクター&キャスト
○七瀬遙(ななせはるか)/ 島ア信長

○橘真琴(たちばなまこと)/ 鈴木達央

○椎名旭(しいなあさひ)/ 豊永利行
 岩鳶中学校1年、種目はバタフライ。中学入学直前に引っ越してきたためクラスに知り合いはいないが、陽気な性格で人見知りなく周囲に溶け込む。遙の泳ぎを見てその凄さにショックを受けフリーが泳げなくなる。

○桐嶋郁弥(きりしまいくや)/ 内山昂輝
 岩鳶中学1年、種目は平泳ぎ。小学生の頃から板東SCに通っており実力派。兄の夏也から突き放され、兄に反発する。部活を辞めると飛び出したが、遙、真琴、旭が追いかけて説得、夏也と和解する。

○鴫野貴澄(しぎのきすみ)/ 鈴木千尋
 岩鳶中学1年、遙のクラスメイト。小学校は凛や宗介と同窓。クラスメイトの遙や旭、郁弥をバスケット部に入るよう勧誘する。

○桐嶋夏也(きりしまなつや)/ 野島健児
 岩鳶中学3年、郁弥の兄、水泳部部長、種目はフリー。

○芹沢尚(せりざわなお)/ 日野聡
 岩鳶中学3年、水泳部のマネージャー。遙たち1年生の教育係を務める。種目は背泳ぎ。網膜剥離を患い、中学の間は試合にでられない。

○竜ヶ崎怜(りゅうがざきれい)/ 日笠陽子
 小学校6年生。図書館で悩む旭に出会い、本を選んでやり「自分を見つめなおせ」とアドバイスする。

○椎名(栗宮)茜(くりみやあかね)/ 生天目仁美
 旭の姉。

○松岡都(まつおかみやこ)/ ゆかな
 凛、江の母親。

○遙の母 / 八十川真由野
 夫が赴任先で怪我をしたため、世話をするために夫の元へ出かける。その間、遙は独り暮らしをすることになった。

○真琴の家族
父(近藤浩徳)
母(加藤美佐)
弟の蓮(丸山有香)
妹の蘭(小堀幸)

○松岡凛(まつおかりん)/ 宮野真守

○葉月渚(はづきなぎさ)/ 佐藤聡美

○山崎宗介(やまざきそうすけ)/ 細谷佳正

○笹部吾朗(ささべごろう)/ 家中宏

★主題歌
 エンドロールで流れる主題歌はOLDCODEXの歌う「Aching Horns」。YORKE.作詞、Ta_2作曲、小山寿編曲。


posted by KAZU at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月16日

「とある魔術の禁書目録III」最終回を見る



 「とある魔術の禁書目録III」を鑑賞完了です。この作品はオンエア・配信時には全く視聴できなかったので、全部DVDレンタルで見たので随分時間がかかりました。
 この作品はキャラクターが多くて「I」、「II」を見ていてなおかつ「とある科学の超電磁砲」の砲も一応見ている人でないとなかなか理解できないこと。いきなりこの「III」からは無理ですね。僕もどちらかというと「禁書目録」より「超電磁砲」のファンなので思い出すのに苦労しました。
 全編を通して戦いまた戦いのストーリーであり、そして熱血タイプの当麻、浜面、一方通行が高揚しては通常不可能な根性的力の発揮で敵をねじ伏せていきます。まるて「聖闘士☆星矢」を見ているような感覚になります。最後はおもだったところは死することもなく、物語のつづきを予感させます。レビューはおいおいと。
posted by KAZU at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月13日

「Free! -Eternal Summer-」(5)



★雑感
◇さて、この手のアニメには良くあるパターンですが、最終話の全国大会での観客席に応援に来ている面々に関係者が一堂に会しています。殊にメインキャストの家族は一部を除いて本編では姿を見せていませんが、ここでこっそり描かれています。真琴の父母兄弟は本編で顔を見せていますが、遙の母は常に後ろ向きで顔は伏せたまま、父は一度も登場していません。渚と怜の父母も同様です。放映当時の資料を見ての情報ですので、直接確認していませんので、ここでは敢えて指し示すことは控えておきます。顔が似ているので間違いないとは思いますが。

◇もうひとつおもしろいのが凛が遙を連れてオーストラリアへ行った時の英語の会話。舞台がアメリカなら当然アメリカ訛りの英語が飛び交うところですね。オーストラリア訛りは感じられませんでしたが、響きがブリティッシュイングリッシュで僕には分かり良いです。自然な会話口調でオーストラリア・シドニーでの庶民の会話らしい設定も作り手のこだわりを感じさせます。

◇OVA/Extra Fr 禁断のオールハード
 本編の最終話から時間を少し巻き戻して、遙、真琴、渚、怜が鮫柄学園の学園祭を訪れた日のことが描かれています。勿論、水泳には関係なくて独立のエピソード、文字通りのExtraです。
 鮫柄学園水泳部の出し物は伝統の「地獄のメイドカフェ」。男子校である鮫柄学園でのメイドは1年生と2年生。3年生は執事役。仁鳥のメイド姿がメチャ似合ってます。その後校内を案内する凛と宗介。そして8人が学校に関係なく二組に分かれて、学園内で水鉄砲を使ったサバイバルゲームを行うことになります。キャラクター萌えする女子にはなかなかおもしろいエピソードかと。青チームは遙、宗介、渚、百太郎、赤チームは凛、真琴、似鳥、怜。最後は凛と遙の一騎討ちになりますが、遙が水を避けずに浴びて赤チームの勝利。互いに名前で呼び合って「またな」と帰っていく岩鳶の面々。「勝った気がしねえ」という凛のセリフが妙に後に残ります。
posted by KAZU at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月12日

「Free! -Eternal Summer-」(4)

★主題歌
○オープニング「Dried Up Youthful Fame」



 YORKE作詞、Ta_2作曲、eba編曲、歌はOLDCODEX。

○エンディング
・「FUTURE FISH」



 こだまさおり作詞、本田光史郎作曲、本田光史郎・TAKAROT編曲、歌はSTYLE FIVE (遙、真琴、凛、渚、怜)。1〜12話及びOVAのエンディング。第1期同様に、エンディング映像コミカルに描かれています。
・「Clear Blue Departure」



 第13話だけに使用されたスペシャルエンディング。こだまさおり作詞、加藤達也作・編曲、歌は七瀬遙、橘真琴、葉月渚、竜ヶ崎怜、松岡凛、山崎宗介、似鳥愛一郎、御子柴百太郎、メインキャラクターが歌います。

★サブタイトル
 第1期に引き続き「○○の××」のパターン、やはり内容を想像しにくいサブタイトルです。

1Fr 嵐のダイブダッシュ!
2Fr 邂逅のストローク!
3Fr 別れのバタフライ!
4Fr 約束のサマーソルトターン!
5Fr 決意のヘッドアップ!
6Fr 無敵のプライム!
7Fr 雪辱のクラウチングスタート!
8Fr 変局のロコモーティブ!
9Fr 失速のフォーミング!
10Fr 涙のシックスビート!
11Fr 運命のネバーターン!
12Fr 異郷のスイムオフ!
13Fr はじまりのエターナルサマー!
Extra Fr(OVA) 禁断のオールハード!

posted by KAZU at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月11日

「Free! -Eternal Summer-」(3)



★キャラクター&キャスト
 前回のつづき。

○松岡江(まつおかごう)/ 渡辺明乃
 岩鳶高校2年、水泳部マネージャー。凛の妹。

○天方美帆(あまかたみほ)/ 雪野五月
 岩鳶高校の古文の教師で遙と真琴の担任。

○花村千種(はなむらちぐさ)/ 佐藤聡美
 岩鳶高校2年、江の友人、書道部員。水泳部の応援にかけつける。

○世良忠典(せらただのり)/ 吉野裕行
 岩鳶高校3年。陸上部の部長。図書館で会った怜に陸上部に戻ってこないかと声をかける。怜は勿論断ったが、全国大会出場を決めた後お祝いを述べに怜の教室まで出向いている。また全国大会では応援に来ている姿が観覧席に見える。

○御子柴清十郎(みこしばせいじゅうろう)/ 津田健次郎
 鮫柄学園の前水泳部部長。百太郎の兄。

○笹部吾朗(ささべごろう)/ 家中宏
 遙たちが通っていたスイミングクラブのコーチ。倒産したスイミングクラブの買い手が更に倒産したため、祖父のイカ釣り漁船を基に買い戻し岩鳶SCリターンズをオープンさせる。

○鴫野貴澄(しぎのきすみ)/ 鈴木千尋、佐藤利奈(小学生時代)
 凛と宗介とは小学校時代に、遙と真琴とは中学時代の同級生。スイミングクラブでコーチを手伝っていた真琴の生徒の兄。弟を迎えに来た際に真琴と再会。病院で会った宗介が肩を壊していることを知り、遙に伝える。


posted by KAZU at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年09月08日

「Free! -Eternal Summer-」(2)



★キャラクター&キャスト
 第1期よ重複することになるの基本データは第1期の記事を参照。異なる部分だけを記述します。

○七瀬遙(ななせはるか)/島ア信長
 本作の主人公。岩鳶高校3年。好物は鯖、料理が得意。手先が器用で部員集めのためイワトビちゃんを彫ったりもしていた。父は単身赴任、母が同行しているため一人暮らし。

○橘真琴(たちばなまこと)/鈴木達央
 岩鳶高校3年生、水泳部部長。両親と弟の蓮(声 / 丸山有香)、妹の蘭(声 / 小堀幸)の4人暮らし。暗いところホラー系は苦手。

○葉月渚(はづきなぎさ)/代永翼
 岩鳶高校2年。甘いもの、イワトビックリパンが好物。成績がダウンして両親から水泳をやめるように言われ家出するが、仲間とともに両親を説得して水泳と勉強の両立をめざす。

○竜ヶ崎怜(りゅうがざきれい)/ 平川大輔
 岩鳶高校2年。数学、英語が得意で渚の勉強の手伝いもしている。バタフライしか泳げなかったが、凛に協力してもらい特訓、4種目とも泳げるようになる。

○松岡凛(まつおかりん)/ 宮野真守
 鮫柄学園3年、水泳部部長。オーストラリアで壁にぶつかり、帰国。第1期最終回でリレーを泳いで再び夢をおいかける。

○山崎宗介(やまざきそうすけ)/ 細谷佳正、悠木碧(小学生時代)
 凛の幼馴染で親友。肩を壊して水泳を止める決心をしたが、凛ともう一度泳ぐために鮫柄学園3年で転入。寮では凛のルームメイト。種目はバタフライで、全国トップテンの実力者。

○似鳥愛一郎(にとりあいいちろう)/ 宮田幸季
 鮫柄学園2年、凛に憧れ、同じチームで泳ぐことを夢見る。平泳ぎのタイムはのびず、県大会ではリレーメンバーに選ばれなかった。宗介の指導で自己ベストを出し、地方大会ではメンバーに選ばれる。

○御子柴百太郎(みこしばももたろう)/ 鈴村健一
 鮫柄学園1年、御子柴清十郎の弟。趣味はクワガタの採集と飼育。種目は背泳ぎ。水泳部には入っていなかったが、岩鳶スイミングクラブリターンズのイベントでリレーの背泳ぎ走者が出られなくなり、凛に捕獲されて急遽参加。それがきっかけで入部する。伸びのあるバサロ泳法が真骨頂。「日本海のラッコ」の異名を取る。
posted by KAZU at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション