2024年02月29日

「外科医エリーゼ」第8話「昔日」を見る



 今期冬アニメで楽しみにしている「外科医エリーゼ」。昨日第8話を視聴しました。ストーリーはまだ放映中のアニメということで伏せておくとして、ゲストキャラはグレアム先生の乳母ヨーデルでした。
 このヨーデルの声が素晴らしい。ものすごく自然体で本当にグレアム先生の家族のよう。演技のレベルが格段上です。この声、誰?とエンディングのクレジットを見てみると井上喜久子さんでした。余りに穏やかな声だったので気づかなかったです。さすがベテラン。
posted by KAZU at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2024年02月21日

「薬屋のひとりごと」第19話を見る



 「薬屋のひとりごと」も2クール目が大詰めです。昨年の夏にPVが公開されて最後の方で、猫猫が疾走している場面がありました。原作の漫画を読んでいたのですぐにどの場面か分かりました。正にこの第19話。各エピソードで猫猫が解決した事件・謎解きは一話完結でばらばらですが、ここで一気にひとつの線に繋がるという初期の重要なエピソードです。漫画版よりもリアルに描かれていて少々驚きました。
 本作は重要なエピソードで挿入歌が入ります。形はキャラクターのセリフの途中から入るBGMではありますが、曲の流れる途中にセリフが入らないためどの曲も印象的です。第19話で壬氏が猫猫を抱き抱えて祭殿を出るシーンに流れるのは「蒼空の炎」(唄:竹中だいち)。漫画にこのシーンはなく、実に厳かです。
posted by KAZU at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2024年02月05日

「ヒーローはへこたれない」/ 古谷敏さん



 日経新聞の夕刊連載です。当の古谷敏さんのFBの投稿で気付くという失態でした。職場の古新聞をあさってみましたが、1枚は確実に自分が昼食時のランチョンマットにしてしまってました。他は誰かが帰りに持って出た可能性大。なので新聞紙面で読んだのは最終のDのみです。デジタル版で全部読みました。
 「ウルトラセブン」放映終了以降の手許にある資料には「アマギ隊員役の古谷敏さんは実業家に転身」とあって、その後もずっと実業家を続けていたのだと思ってました。姿を消していたというのを知ったのはごく最近になってからのことです。20世紀末に倒産して復帰するまでの20年間も行方不明になっていたとは。それでいて今、この大人気です。
 記事の中で“妻の好子は、「あなたがまた胸を張って、ファンの方にあいさつする日がきっと来る」と言ってくれていました。それが救いでしたね。”と書かれています。素晴らしい奥様ですね。
posted by KAZU at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2024年02月01日

コナンと犬夜叉



 押し入れの中を整理していると、高校の大先輩に頂いた新聞が出てきた。読売新聞2003年10月12日、新聞4面の大きなよみうりテレビのアニメ広告。もらったのは10年くらい前だけど、もうかなり色が褪せてきており、このまましまっていても劣化するだけ。
 ということで、アイロンでしわをのばし、A3スキャナで8回スキャンしてつなぎ合わせました。褪色した色も補正。
 「名探偵コナン」は今も放映中。20年経ってもアニメのキャラクターたちは年をとらない。それに何の違和感も感じないアニメの妙ですね。

posted by KAZU at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2024年01月26日

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」(4)



 冒頭、シビュラシステムによる安定した生活を得ることができるようになった日本で、法の全面廃止が検討される。会議の席上で常守朱はシビュラシステムを評価しつつも法による法治国家を強く求める。しかし、その会議の途中で砺波告善率いるピースブレイカーによる事件が勃発する。公安と外務省の駆け引き、砺波告善とシビュラの裏での取引など、騙しあい、情報操作・隠蔽などが渦巻く中で、常守朱と刑事課一係はシビュラを裏切る形で砺波を追い詰めていき、ついに倒すことに成功する。
 しかし、事態の推移に納得しない常守朱は、公安を辞し新たな職務に就く就任式の最中に、公衆の面前で局長を殺害する。色相が濁らない常守朱はシビュラの執行対象にはならず、公安のドミネーターはロックされてしまう。公衆の面前での殺人であってもシビュラシステムは罰することができないことを身をもって証明し、法の全面廃止をくい止める。法によって拘束され、監禁された常守朱が大声を上げて泣く。この涙が何なのかというのがこの作品の伝えようとする事なんでしょう。「雑賀教授の死」と「常守朱が泣く」というWショックな作品でした。


★主題歌
 主題歌を担当するのはテレビシリーズの第1期と第2期のオープニングを歌った“凛として時雨”と“EGOIST”。ストーリーがその続きに当たるということで雰囲気もそのまま“凛として時雨”と“EGOIST”がまるで流れた年月を感じさせない同じ声、同じ楽想で歌います。

○「アレキシサイミアスペア」
 オープニング。作詞・作曲・編曲 :TK、歌:凛として時雨。テレビシリーズの最初のオープニング「abnormalize」を思い起こさせる歌声は10年の流れを全く感じさせない。

○「当事者」
 エンディング。作詞・作曲・編曲:ryo、歌:EGOIST。こちらもテレビシリーズのエンディングを彷彿とさせる楽想。本作がテレビシリーズのストーリーの続きであることをしっかりと焼き付けてくれます。


posted by KAZU at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2024年01月15日

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」(3)

★キャラクター&キャスト
 つづきを。テレビシリーズ第3期につながる重要キャラクターが登場して、やっと物語が繋がった気がします。

○慎導 灼 / 梶 裕貴



 テレビシリーズでは第3期から登場する厚生省公安局刑事課一係の監視官。慎導篤志の息子。本作の時点ではまだシビュラシステムの正体は知らない。



○炯・ミハイル・イグナトフ / 中村悠⼀
 テレビシリーズでは第3期から登場する厚生省公安局刑事課一係の監視官。灼の相棒。本作中で舞子と結婚式を挙げている。

○舞⼦・マイヤ・ストロンスカヤ / 清⽔理沙
 テレビシリーズでは第3期から登場する炯の妻。

○慎導篤志 / 菅⽣隆之



 厚生省大臣官房統計本部長。テレビシリーズ第3期では物語時点で故人。灼の父でありシビュラシステムの正体を知る人物の一人。本作の重要キャラクターの一人。炯と舞子の結婚式の後、駐車場の車の中で自害する。このことが灼が監視官を目指す直接の原因となる。

○砺波告善 / 大塚明夫



 本作の事件の黒幕。特殊部隊「ピースブレイカー」の隊長。シビュラシステムの確立後、ピースブレイカーの解散命令が出るが隊員は隊長以下誰一人従わず姿を消す。終盤、常守朱の頭に拳銃を突きつけたが、常守朱の主張に激しく憎悪を露にし引き金をすぐに引かなかった。スキを付いた咬噛に頭を撃ち抜かれて死亡。

○甲斐ミハイロフ / 加瀬康之



 潜入捜査官。ピースブレイカー・砺波告善の部下に成り済ましてストロンスカヤ博士の乗る船を急襲し、予定されていた最終手段であったが、泣く泣く博士を殺害する。砺波の支配を退けるため自ら自分の頭を撃ち抜いて死亡。

○ミリシア・ストロンスカヤ / 津田匠子



 行動経済学、統計学の世界的な権威。慎導篤志が秘密裏に会議に招聘したが、ピースブレイカーに急襲、殺害される。その確立したシュミレーション基礎理論は「ストロンスカヤ文書」と呼ばれ、その文書の獲得をめぐって戦いが繰り広げられることになる。
posted by KAZU at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2024年01月13日

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」(2)



★キャラクター&キャスト
 テレビシリーズで言うと時系列は第1期・第2期と第3期の間ということになり、キャラクターも第2期と第3期のそれぞれ単独のキャラクターが一同に顔を合わせる。もっともキャラクターデザインがテレビシリーズと異なるために、これまでの親近感が湧かず、感情移入も起こらないせいか、客観的に人物を見ることができる。

○常守 朱 / 花澤香菜
 本作の主人公にして、シリーズの主人公でもある厚生省公安局刑事課一係を束ねる監視官であり、本作では厚生省公安局統括監視官。現時点でシビュラシステムの正体を知る数少ない人物。

○狡噛慎也 / 関 智一
 テレビシリーズ第1期で逃亡し、前劇場版でフレデリカによって帰国を果たした元執行官。現在は外務省海外調整局行動課特別捜査官。

○宜野座伸元 / 野島健児
 厚生省公安局刑事課一係の元監視官で現・執行官。

○六合塚弥生 / 伊藤 静
 厚生省公安局刑事課一係の執行官。

○唐之杜志恩 / 沢城みゆき
 厚生省公安局総合分析室の分析官。刑事課一係の後方を支える。

○霜月美佳 / 佐倉綾音
 厚生省公安局刑事課一係の監視官。史上最年少で着任した常守朱の後輩監視官。彼女もまた現時点でシビュラシステムの正体を知る一人。第3期では課長にまで駆け上がる出世株だけに、本作でもその片鱗を見せる。

○雛河 翔 / 櫻井孝宏
 テレビシリーズでは第2期から登場する厚生省公安局刑事課一係の執行官。

○須郷徹平 / 東地宏樹
 テレビシリーズでは第2期から登場する厚生省公安局刑事課一係の執行官。

○雑賀譲二 / 山路和弘
 第1期から登場する臨床心理学の元教授。第2期では厚生省公安局刑事課分析官として事件の解決を手助けしてきた。本作の半ばで死亡。数少ないメインキャラクターの死亡者となった。この人が亡くなったというのが一番ショックな出来事でした。

○ドミネーター / 日のり子
 ご存知ドミネーターの音声。今回はちょっと出番が少なかった。

○花城フレデリカ / 本田貴子
 第2期で外務省から公安に一時出向してくる。前劇場版で狡噛を日本へ連れ帰ったその人。現在は外務省海外調整局行動課課長。

posted by KAZU at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション