2020年07月06日

「かくしごと」(1)



 今年の春アニメで大変アニメファンの評価の高かった作品のひとつ。美しい画とギャグ、そしてちりばめられた最終回への布石。11話までは笑って終わってしまうのに第12話(最終回)では何度見ても泣いてしまうストーリー展開が見事です。

 「かくしごと」は2020年4月から放映されたテレビアニメ。原作は久米田康治の同タイトルの漫画。監督は村野佑太、音楽に橋本由香利、音楽制作はエイベックス・ピクチャーズ、制作は亜細亜堂、製作はかくしごと製作委員会。全12話。“ハートフルコメディ”と言う言葉がぴったりな作品。

☆ストーリー
 第1話のっけから訳ありの家庭事情をにおわせる展開。後藤可久士は漫画家で下ネタ漫画「きんたましまし」を描いている。父親が下ネタ漫画を描いているということが周囲にバレると娘の姫(10歳)がいじめられると心配し、娘には勿論周囲にもバレないように目黒の家からスーツで出かけ、途中でゆるい仕事着に着替えて渋谷区のオフィスへ向かうという生活を続けていた。第11話までは可久士と姫の日常をコミカルに描いている。
 可久士の妻は娘が生まれて間もないころに海難事故で他界していたが、遺体が見つかっていないということで可久士は漫画を描いて儲けたお金を行方不明の妻の捜索に投じていたのだが…。ある日、雑誌にこのことが美談記事として取り上げられたが、このシリアスな記事がギャグ漫画家のイメージを一気にたたき潰し、何を描いても誰も笑ってくれないという状況に追い込まれ、とうとう筆を折る。
 生活を支えるために慣れない肉体労働を続けていたが、倉庫での作業中に荷物の崩落事故に遭って意識不明になる。18歳になった姫はおばから届けられた鍵で親子三人が暮らすはずであった鎌倉の家を訪ね、父親の仕事のことを知る。その日に可久士は意識を取り戻すのだが、可久士の記憶は姫が10歳のまま止まっていた。かつての仕事仲間、姫の友達の協力もあって、最終回で可久士は記憶を取り戻し18歳の姫と再会する。最悪の事態を予感させる描写で、一時はどうなるかと思ったけど、ハッピーエンドで幕を閉じる。


posted by KAZU at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年07月02日

バッカスV世号



 「スターウルフ」でスペースコマンドが操る小型の高速宇宙船。クルーは7名定員で小型とは言え、全長が70メートルの設定。本編の中でも離陸、回頭しながら発進する姿はなかなかの迫力ものでした。旧式の老朽船をキャプテン・ジョウが改造した強固な造りは、スペースコマンドの乱暴な操縦でもびくともしませんでした。
 テレビシリーズの「スターウルフ」はエドモンド・ハミルトンのスペースオペラを原作としながらも、だんだん原作とは離れていく展開で人気はいま一つでしたが、キャプテン・ジョウが宍戸錠さんだったのと、このバッカスV世は印象深いです。
posted by KAZU at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2020年07月01日

アニサキス症


アニサキスを一撃のもとに倒した好酸球。

 他人事は時間が経てば忘れてしまうものですが、他人事ながらみんなが記憶している程短期の間にアニサキス食中毒二度もなったかわいそうな高校の後輩に。好酸球が活躍して三度目はかからぬように祈念して。

※好酸球
 白血球の一種。金髪のツインテール、ピンクのつなぎに二叉の槍を持つ。細菌に対しては非力だが寄生虫に対しては絶大な能力を発揮する。「はたらく細胞」


posted by KAZU at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年06月30日

スペルゲン反射鏡&光波バリア



 「ウルトラマン」の「科特隊宇宙へ」で宇宙ビートルにも驚いたけれど、一番スゴイと思ったのはやはりこれでしょ。二代目バルタン星人の完成されたフォルムに「スペルゲン反射鏡」と「光波バリア」。

「光波バリアを張りめぐらす暇もなくスペシウム光線を浴びせられ殆ど全滅した」

 「光波バリア」の方は先にバルタン星人の通信で予告されていたのですが、「スペルゲン反射鏡」は突如登場してかなりショッキングだったのを覚えてます。


posted by KAZU at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2020年06月27日

ジェットビートル



 ご存知「ウルトラマン」の科学特捜隊が使用する戦闘機。日本支部に配備されているのはSIIIと117、118、119の4機だそうですが、子供の頃は機体番号なんて全然気にしていませんでした。「科特隊宇宙へ」でハイドロジェネレート・サブロケットエンジンを搭載して宇宙へ飛び出す通称“宇宙ビートル”は117なんですが、撮影の時に途中で機体が入れ代わっているそうで(実は確認していません)、大気圏脱出時はSIII。プラモデルはそれを資料に作られたのでしょうか。



 しかし、下手くそな塗装です…
posted by KAZU at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2020年06月25日

「真実の詩」



 昨日、飲んでいたお店の有線でたまたま懐かしい曲がかかった。メロディも歌詞も口をついて出てくるのでアニメの主題歌に使われていたことはすぐに分かったけど、何の主題歌だったか出て来ない。最後のフレーズを聞いてやっと思い出した。

♪真実の詩を 道標にして♪

 Do As Infinityの「真実の詩」。「犬夜叉」のエンディングに使われた曲なので18年くらい前の曲になる。独特の雰囲気を持った楽曲で、バックに古琴である京琴が響く。この古琴は京劇に用いられる楽器だそうで、本作の演奏は呉汝俊(ウー・ルーチン)による。
posted by KAZU at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年06月19日

チャルメラ×EVANGELION



 劇場版「シン・エヴァンゲリオン:║」の公開記念にコラボパッケージで発売された明星のチャルメラカップ麺タイプ。
 しばらく前から家の近くのスーパーに並んでいるのですが、お値段の方が普通のカップヌードルより2割ほど高いので売れ行きが良くありません。横目でちらちらみながらスルーしていたのですが、「ひとつくらいいいかな」と。
 最初は「綾波」を手にしたのですが、これが「みそ」。ちょっとイメージが違うな。「シンジ」が「豚骨醤油 (にんにくラーメン、チャーシュー抜き)」でにんにくの文字に手が止まり。「カヲル」が「塩」で基本的に塩ラーメンは好きでないのでパス。赤い「アスカ」の「しょうゆ」を買って帰りました。
 職場でお昼にいただきました。具が豊富です。味は普通かな。あまり普通すぎて他のを試したくなりました。
posted by KAZU at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal